« 〔広告〕 ジョン・レノンの「イマジン」から、ファンタジー小説が生れました! 『NONO(のの)と頑爺(がんじい)のレモン革命』 「世直し」をイマジン! | トップページ | 空から歌が聴こえる Cry To Me »

2010-10-11

〔コラム 机の上の空〕 「世界民衆ベッド・イン」をイマジン!

 ジョン・レノンさんが「70歳」の誕生日を迎えた。
 「古希」である。生きていたら、どんな「誕生イベント」が行われていただろう?

 ジョン・レノンさんが1940年に生れて70年――1980年に暗殺されて(ことしの12月8日で)「30年」――。

 見ないで済んでよかったかも、なんて言いたくなるほど、今――「2010年」の「世界」の荒れようはすさまじい。

 「アフガン・イラク戦争」は続き、「地球環境」の破壊はとどまるところを知らず、「世界経済」は破局に瀕して、世界の民衆にツケが回されている。

 オノ・ヨーコさんが、AP通信のインタビューに答えていた。

 「彼が生きていたら完全に怒っているはず……どこかへ駆けてって、何かを叩き壊したり、誰かを締め上げたりするかも知れない。わかるでしょ。でも私ね、こう思うのよ。彼はそんなにキレたりしないで、冷静な活動家であろうと決意するかもしれない、とね。私たちはみんなで、この世界のために、ほんとうに何か、しなくちゃならないのよね。何かしないと世界を吹き飛ばしてしまう」

 ( He would have been totally angry. ... He would have felt like he wanted to run somewhere and just bang something or
strangle someone, you know? But then I think, I'm sure he would have relaxed and decided he should still be an activist. We need to really do something about the world. Otherwise, we're all going to blow up together.)

 ⇒ http://today.msnbc.msn.com/id/39517495/ns/today-entertainment/#

 レノンさん、健在でありせば、完全に怒りまくるけれど、でもきっとキレずに、リラックスして、何事かをなしているはずだと。

 ヨーコさんには、ジョンのこと、ちゃ~んと、わかるんだね!

 で、生きてたら、今頃、どんなイベントが行われていたことか?
 
 ジョンがヨーコさんと1969年にアムステルダムとモントリオールで行った、あのベトナム戦争反対の「ベッド・イン」を、こんどはグローバル規模で再現する「世界民衆ベット・イン」(ラブラブ・プロテスト)なんてのを、「全世界同時ゼネスト」を兼ねて、1週間、ぶっつづけで決行し、世界の権力者どもを青ざめさせて、いたりしていたかも……?!

 そんなこんなを「イマジン」するのは面白いし、そうした「イマジン」こそ、いま求められているものだ、と言いたくもなる。

 ジョン・レノンさんも、70歳ともなれば、外見はけっこう爺さん爺さんしてるはず。でも、気持ちはきっと若いに違いない。

 ジョンとヨーコがシルバーカップルとして、こんどは日本の温泉なんかで「先行ベッド・イン」を決行、露天風呂の湯煙の中から、全世界の老若男女に、ラブラブ・ストライキへの総参加を呼びかける。

  ♪ Imagin all the people making love in bed !  オ~オゥオウォ~

 そうしたら、日本の少子化なんか一発で解決されるはず。

 そう、これは冗談ではないのだ。

 僕は冗談ではなくすこぶる真面目に、「老人による世直し」を考え、「頑爺同盟・頑婆ガールズ」(仮称)を立ち上げたいと思っている、団塊世代のひとりだが、「イマジン」ついでに、オシャレな(?)フロシキをもう一枚、広げれば、7年後のジョン・レノンさんの「喜寿」(77歳)祝い―― を機に、全世界老人革命へ向けた、総決起集会を開きたい、と実は密かに考えている。

 いや、マジで、ホントに。
 日本を変え、世界を変える。日本を、世界を民衆の手に取り戻す。世界政府をつくる!

 加藤周一先生や井上ひさしさんには「頑爺同盟・頑婆ガールズ」の顧問になってもらうことにしているが、こうなると、ジョン・レノンさんにも「音楽部長」就任を打診しなくちゃならない……。

 何、暇人の妄想、と……?

 何を言う!

 この今という時代にひとりの人間として――日本人として……今を生きる「今人」として、「イマジン」しないでどうする!!!!

Posted by 大沼安史 at 07:41 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 「世界民衆ベッド・イン」をイマジン!: