« 〔いんさいど世界〕 ドイツとバングラ 「太陽の男」輝く! | トップページ | 〔コラム 机の上の空〕 日中友好 夜来香(イエライシャン) »

2010-10-23

〔重要 NEWS〕 発覚! あの実写ビデオの米軍アパッチ・ヘリの僚機が「4日後」に東部バグダッドで、こんどは14人をガン・ラン(Gun Run 撃ちっ放し掃射)で虐殺! 同じ(?)アパッチ・ヘリ、 「5ヵ月前」にも「降伏」の意志表示をしたイラク人を虐殺! ウィキリークス イラク戦争 米軍機密文書 新たに40万件 暴露・公表

 ウィキリークスがイラク戦争の米軍機密文書をまたも、オンラインで公開した。⇒ http://www.wikileaks.org/

 40万件近い膨大なもの。アメリカの人々、日本の私たち、世界の人々の目に触れずにいた、イラク戦争の現実の(それでも)一端が示された。

 ウィキリークスのサイトによると、今回、新たに「暴露」した米軍機密文書は39万1832件。

 2004年1月1日から、2009年12月31日までの期間をカバーしている(2004年5月と2009年3月を除く)。

 ウィキリークスは英紙ガーディアンなどの西側報道機関のほか、今回、「アルジャジーラ」とも連携、原資料(ファイル)を提供し分析を進めて来た。

 ガーディアン ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/iraq-war-logs-military-leaks
 アルジャジーラ⇒ http://english.aljazeera.net/secretiraqfiles/

            

 以下、ガーディアンの報道から、内容を紹介する。〔 ( )内は大沼のコメントです 〕

 【イラク戦争……ありふれた1日の出来事】

  ガーディアン紙は今回、公開された米軍機密ファイルを元に、イラク戦争たけなわの「2006年10月17日」を、電子版で再現した。⇒ http://www.guardian.co.uk/world/interactive/2010/aug/13/iraq-war-logs?intcmp=239

 その日の死者はイラク人136人、アメリカ人10人。
 武力行使数百件。

 以下、その日の始まりの部分だけ、紹介する。

 00:00(午前0時0分) 真夜中――すでに戦闘が続いている。バグダッド市内南部の米歩兵部隊の基地に、ロケット弾が撃ち込まれたのだ。酸素タンクが炎上。米軍が反撃、イラクの民間人が砲弾の破片を胸に受け、負傷…………

 地図とテキストをグラフィックで表示する、新たな報道手法。
 ガーディアンの努力に脱帽!

 【「降伏」を求めているのに……あの米軍ヘリが5ヵ月前にもイラク人を掃射】

  2007年2月22日、バグダッドで、米軍アパッチ・ヘリ「クレージーホース」が(あるいは僚機が)トラックを攻撃した。トラックから男たちが飛び出した。

 「こちら、クレイジーホース。降伏を求めています」

 タジ基地の司令官が、基地に配属された「法律家」と協議。
 「法律家は、航空機への降伏は不可。なお有効なターゲットだと言っている」として、逃げる男たちを(機関砲で)掃射し、トラックにはヘルファイア・ミサイルを撃ち込んだ。

 (なんてことだ! 地上部隊でないと、降伏は受け容れられない、とは……)

 この米軍ヘリ「クレージーホース」とは、その5ヵ月後、バグダッドで起きた、イラクの民衆に対して機関砲掃射を行った(ウィキリークスに掃射実写ビデオが公開された)、あのヘリ、もしくは僚機である。

 (このヘリのクルーは、今回の「降伏を求めている」との基地への通信でも分かるように、トリガー・ハッピーではない。
 しかし、「攻撃許可」が出れば、平然と発射の引き鉄を引く彼ら……)
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/iraq-war-logs-apache-insurgents-surrender?intcmp=239

 【電動ドリルなどの拷問を黙認】

  イラク政府軍の武装勢力(容疑者)に対する凄惨な拷問のありさまも報告されている。

 両腕を首の後ろで縛り、天井から吊るして、電動ドリルで拷問を加えていた事例も。

 米軍が2004年6月に出した、Frago と呼ばれる命令で、米軍(英軍)兵士がその場に居合わせた事件以外、拷問の調査は行なわないことになったことから、サダム・フセイン下の同胞に対するリンチまがいの暴力的尋問が復活した。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/iraq-detainee-abuse-torture-saddam?intcmp=239

 【検問所で民間人を虐殺】

  2005年9月23日の夜のことだった。バグダッド市内南部、マサイッブ近くの路上の検問所。

 検問所の米兵2人が近づいて来る1台の車に気付き、両手とフラッシュライトを降って、停車を求めた(一方的なサイン)。

 車は止まらなかった。警告の威嚇射撃を行なった。続いて2人はM249自動機銃を発射した。それぞれ、100発以上、撃ち込んだ。

 車の運転席と助手席で、イラク人の夫婦が死亡。後方座席にいた、9歳と6歳になる子どもは奇跡的に助かった。

 今回、暴露された米軍ファイルには、こんな報告が多数、含まれている。
 ただし、いかに部下の米兵たちが手続きに従って行動したかを褒めそやす、上官からの報告。

 ガーディアンは、こうした誤認死者の中には数十人の女性、子どもたちが含まれてる、と指摘している。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/iraq-checkpoint-killings-american-troops?intcmp=239

 【6万6千人のイラク民間人が死亡】

  今回、暴露された米軍ファイルで、2004年から2009年までの間に、イラクの民間人、6万6081人が殺されていたことが確認された。

 ガーディアンの分析では、このうち1万5000人以上は、民間の集計団体「イラク・ボディー・カウント」も把握していなかった、未報告の犠牲者だった。

 この間、「敵」として殺されたイラク人は、2万3984人を数えている。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/true-civilian-body-count-iraq?intcmp=239

 【無人スパイ飛行船 イランの空へ】 

  ジャンボ・ジェット機を膨らませたような米軍の無人スパイ飛行船、「JLens」が係留装置の不具合で、イラク内の基地から飛び立ち、イラン方面に飛び去る事故が2度にわたって起きていたことが、今回、暴露されたの米軍ファイルで分かった。

 2006年4月と2006年10月の事故。

 最初の「放出」の報告は、飛行船を「さらに追跡」で終わっており、ハイテク監視気球がイランの手に落ちた可能性もある。

 次の「放出」の際は、F18戦闘機が撃墜のため飛び立った……。
 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/iraq-war-logs-spy-balloons-iran?intcmp=239

 【米軍アパッチ・ヘリ 機関砲掃射虐殺事件の4日後に、さらに14人を虐殺】

 2007年7月12日、バグダッド市内ニューバクダッドで12人を機関砲掃射で虐殺(実写ビデオがウィキリークスで暴露・公開されたその事件)した米軍のアパッチ・ヘリの僚機(クレージーホース20、とクレージーホース21。ニューバクダッドで掃射したのは、クレージーホース18)が4日後の同月16日に、今度はバクダット市内東部地区で、同じような地上掃射を行い、14人のイラク民間人を殺害していたことが、今回暴露された米軍機密ファイルで分かった。

 銀行を家宅捜索した地上部隊が射撃を受けたことでアパッチ・ヘ2機が出動。

 AIF(反政府ゲリラ)の3つのターゲットに掃射を加えた。

 このあと、アパッチのうちの1機は「AIFの可能性のあるイラク人の群れ」を発見。もう1機の「最後のガン・ラン(地上掃射)」を浴びせた。

 イラク人の協力者からの電話連絡で、「14人殺害」が確認された。

 これはニューバグダッドでの掃射の犠牲者を2人上回る。

 ⇒ http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/apache-helicopters-kill-iraqi-civilians?intcmp=239 

   ★

 ウイキリークスの今回の「公開」には、予告されたいたアフガン虐殺実写ビデオは含まれていない。

Posted by 大沼安史 at 06:11 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/49823242

この記事へのトラックバック一覧です: 〔重要 NEWS〕 発覚! あの実写ビデオの米軍アパッチ・ヘリの僚機が「4日後」に東部バグダッドで、こんどは14人をガン・ラン(Gun Run 撃ちっ放し掃射)で虐殺! 同じ(?)アパッチ・ヘリ、 「5ヵ月前」にも「降伏」の意志表示をしたイラク人を虐殺! ウィキリークス イラク戦争 米軍機密文書 新たに40万件 暴露・公表: