« 〔いんさいど世界〕 地球を冷やす?ウイスキー  | トップページ | 〔NEWS〕 スウェーデン当局 ウィキリークス アサンジ氏に対するレイプ疑惑、蒸し返す »

2010-09-03

〔いんさいど世界〕 「ネズミとゴキブリ、どっちが嫌い?」

 民主党党首選――。小沢氏の「議員会館」めぐりを、一部のマスコミは「ドブ板(選挙運動)」と評した。 

  そんな挨拶回りの小沢氏、と角栄の愛娘、田中真紀子さんとの間で、こんなやりとりがあったそうだ。

 「ネズミとゴキブリ、どっちがお嫌いですか?」(田中真紀子)

 「どっちもあまり気にならないですね」(小沢一郎)

  「気にならない!?政界でそういうのいっぱい見てるから!?」(田中真紀子)

 大笑いする二人!

 ⇒ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4517534.html

 「意味深」なやりとり――。

 ネズミはドブから家に入り込み、天井で小便を漏らしたり、悪さをする(夏目漱石が、外人を自宅に呼びたがらなかったのは、天井の「染み」のせいだ……)。

 一方、ゴキブリは、人の家に忍び込み、ホイホイで駆除してもなかなかクタバラナイ。

 田中真紀子さんはたぶん、小沢氏に、「菅直人って、ネズミと思う、それともゴキブリ?」と、迫ったのだ。

 それに対する、小沢一郎氏の絶妙な、「どっちもあまり気にならないですね」の、肩透かしというか、おトボケ。

 う~ん、なかなかの役者やのお~!

 でも、せっかくの真紀子さんの突っ込み、答えない手はない。

 小沢氏はきっと、菅直人って男は、どちからというと「ネズミだな」と思っているに違いない…………――これは、僕のカンだ。

 政界にゴキブリはウヨウヨしているが、菅直人は「格上」の「(カン)間者」ネズミ。

 ニコニコ顔で、日米同盟レストランの「鳩料理」に舌鼓を打ち、権力のチーズにかじりついて、わが世の春を謳歌しようという曲者だと――小沢氏は(真紀子さんもまた)見ているのではないか?

 そこで、真紀子さんの突っ込みに、小沢氏が「ネズミの方が嫌い」と仮に答えたとして、二人のやりとりがどうなったか?――「再現VTR?」で見ることにしよう。

 「わたしは、やはり、どちらかというと、ネズミが好きじゃありませんねぇ……」

 「わたしもよ。お酒と同じ……。酒蔵のネズミは退治しなきゃ!」 

 「えっ???」

 「わたしね、越後でしょ、だからなんといっても、お酒の方も、ナショナリスト……そう、瑞穂の国の日本酒党……」

 「わ、わたしは、実は沖縄の泡盛党でも…………」

 「でね、私、あの、カンチューハイってやつ、大嫌いなの。庶民の味方のネズミ小僧でございといって当選したくせに、いまはアメリカと官僚どもの言いなり。ネズミみたいにすばしこく、ニコニコ顔でよだれをたらしながら、鳩のソティーにくらいつき、どっちが日本の総理にふさわしいですか、なんて言ってエヘラエヘラ笑っている……。チュー・サイテー」

 「はあ?……」

 「消費税と沖縄のたった2本で、天下盗れるなんて、言ってしまっていいの――だわよね」

 「な、なんですか、それ?」

 「知らないの? 俵万智ちゃんのサラダ記念日じゃない。教養ないわね」

 (元歌 「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの)」

 「す、すいません……」

 「いいわよ、気にしないで。で、私も万智ちゃんにならって、あなたを励ます歌を詠んであげるわね」

 「はっ?……」

 「闇将軍と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる」

 (元歌、優等生と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる(『チョコレート革命』)

 「がんばってね。ネズミを叩きのめすよ! あんた、政界のイチローなんだから、きっちり打ち返しなさい!」

 「は、はい……」

Posted by 大沼安史 at 07:54 午後 1.いんさいど世界 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/49336366

この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 「ネズミとゴキブリ、どっちが嫌い?」: