« 〔重要 NEWS〕 尖閣列島中国漁船事件 中国政府 希土類 対日輸出を全面停止 | トップページ | 〔いんさいど世界〕 サッカーW杯 2010リオ大会 激闘続く! »

2010-09-25

〔ジャック天野の目が点・NEWS解説〕 中国漁船の船長釈放 命令に従い、ようやく捕まえた……のに、「国体護持」のため、さっさと現場を見捨てた、菅直人政権の「大本営・ご都合主義」

        ◎△◎ ⇒ ◎▲◎ ⇒ ×▲× ⇒ ・ △ ・

 中国漁船の船長を釈放――菅直人政権が那覇地検にゲタを預けて、そ知らぬ顔を決め込み、外交責任を放棄した。

 尖閣の海で戦わせ、船長逮捕を命令し、一時(いっとき)は、政府として「尖閣諸島問題」に真正面から「決着」をつけるような「断固たる素振り」をしていた菅直人政権。

 なのに、政局向け「尖閣カード」を使って「小沢つぶし」に成功したとたん、中国側の抗議に早々と、いとも軽々かんたんに、しらっとを取り払い、全面「白」旗を掲げ、平気な顔で現場を見捨てハシゴ外しをしてみせた菅直人政権。

 東シナ海の「海戦」は、相も変らぬ「大本営・ご都合主義」の下、歴史のくずかごに捨て去られた。

 現場の人間の苦闘などどうでもいい、「国体護持」だけが大事な、この「日本」という日のの国よ!

 毎日新聞によれば、「検察主導で公務執行妨害で立件した」(海上保安庁幹部)のに、海保庁は釈放決定の過程から外され、「決定」はあとで伝えられただけだった。

 「庁内では、職員が異例の決定を流すテレビを見て憤り、『圧力に屈した』『公務員、辞めたくなった』との声も出た」
   ⇒ http://mainichi.jp/select/world/news/20100925ddm041040110000c.html

 考えてみれば、東シナ海は、「大本営」を中心とした霞ヶ関の受験秀才・エリート軍・官僚の、自惚れた弩アホどもが、中国侵略⇒太平洋戦争という「自虐・自己破壊エスカレート路線」を国民に強いたおかげで、何万人、何十万人もが、海のもくずとなった海域ではないか!

 それに米中はもともと「連合国」の同志、日本に「ポツダム宣言」を突きつけた盟友である。

 今回の「釈放」決定にも、きっと米国(および中国)の圧力があったはずだ。
 (アメリカはあのブッシュ政権でさえ、戦後の「ポツダム枠組」の一線を越え、「慰安婦問題は客観的事実ではありません」と言い切った安倍晋三をワシントンで冷遇し、記者会見で「この男」呼ばわりした国である。オバマ政権が今回の菅直人政権の「ポツダム枠組」を越えた「ポチの勇み足」に対し、不快感を持ったとしても不思議なことではない)

 もはや、誰の目にも明らかである、日本の権力者にとって、大事なのは国民ではなく、いまなお自分たちの権力、すなわち「国体護持」だけであると!

 残念ながら日本は今もって、「ポチダモ(ん)宣言」を受諾した「国体護持の国」である! 

Posted by 大沼安史 at 10:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ジャック天野の目が点・NEWS解説〕 中国漁船の船長釈放 命令に従い、ようやく捕まえた……のに、「国体護持」のため、さっさと現場を見捨てた、菅直人政権の「大本営・ご都合主義」: