« 〔ジャック天野の目が点・永田町〕 小沢一郎、民主党党首選へ 「新党」結成も | トップページ | 〔ジャック天野の目が点・永田町〕 小沢一郎が、立つ! »

2010-08-25

〔コラム 机の上の空〕 「過ちを繰り返さない」ために

 気ままな「夏休み」を楽しんでいる。ふるさと仙台に戻って2度目の夏――。
 東京の大学を「中途退学」し、仙台に帰郷したのは、ひとつに、ジェームズ・キャロル氏の『戦争の家』(緑風出版)を、もうひとつに、サドベリー・バレー校のダニエル・グリーンバーグ氏の『サドベリー 教育創世記』(仮題)のふたつの大著を翻訳せんがためだった。

 笑わないでいただきたい。私はそのために――その翻訳のために、それだけのために、ビンボー覚悟で仙台に帰ったのだ。

 『戦争の家』(上下)を訳出し、いま『サドベリー 教育創世記』(仮題 緑風出版)を訳し、最後の校正を終えたばかり……。

 肩の荷が下りて、今、ようやく、ほっとした「夏休み」である。

 ####

  今、私は「ほっとした夏休み」にあるが、だからと言って、ことし「2010年の(過ぎ去った)夏」を忘れたわけではない。

 ヒロシマ・ナガサキ65周年――。

 厳しい残暑が続く中、ことしの夏の、ヒロシマ・ナガサキの「暑さ」を、、私もまた忘れ去るわけにはいかないのだ。

 ####

 とくに、ヒロシマの夏――ことし2010年のヒロシマの夏は忘れ去るわけにはいかない。

 そう、秋葉市長が「核廃絶に向けた絶好の機会(チャンス)到来」と言ったその時に、菅直人という「日本の首相」は言ったのだ。

 「核抑止力は必要」だと。

 ####

 菅直人のこの発言を聞いて、私は反射的に、ヒロシマの「原爆死没者慰霊碑」の誓いの言葉を思い出した。

 「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」

 これは、自らも被爆者である雑賀忠義・広島大学教授が揮毫したもので、碑文の英訳は、
 
  Let all the souls here rest in peace ; For we shall not repeat the evi.

  ――である。

 この碑文に対して、さまざまな批判があり、私自身もかつて違和感を持ったひとりだが、今は、雑賀博士の「先見の明」に敬意を表したい気持ちでいっぱいだ。

 ことしの「ヒロシマの日」には、アメリカの大使が初めて列席したが、この「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」の碑文は、ルース大使の胸に、ずしんと響いたはずだ。

  For we shall not repeat the evi. 英訳(雑賀博士訳)の碑文は「私たち」と、ハッキリ主語を明示しているからだ。

 We とは、私たちアメリカ人は、の We (でもあった)だったわけだ。

 その We は、当然、日本の首相である菅直人にもかかる主語であったが、己の「権力維持」しか頭にない、この権力欲にとりつかれた男には、そこまで考えられる知力は残されていなかった。

 だから菅は、被爆者の霊に対し、「安らかに眠りたい? 馬鹿言っちゃいけない。私たちはなんと言われようと、核の傘に下に入り込むからね」と言い切ったのだ。

 おそろしく鈍感な、低レベルの「首相」を、日本人民は得たものである。

 ####

 ヒロシマの日の一週間前の7月30日、原爆=悪魔の兵器を生んだ、米国ニュー・メキシコ州ロスアラモスで、核廃絶を求めるデモが行われた。
 ⇒ http://ncronline.org/blogs/road-peace/gathering-storm-hope

 私が尊敬する、ジョン・ディア神父らが行ったデモだった。

 ロスアラモスの中心にある「アシュレー公園」は、ヒロシマ、ナガサキに投下された原爆が組み立てられたところ。

 神父らはその場所に、抗議の「灰」を撒き、30分間、祈りを捧げたそうだ。

 デモにはヒロシマで育った日本人女性も参加した。イラク・アフガン戦争に反対する、内部告発の元米軍人、アン・ライトさんも参加した。
 
 ####

 このデモのことを、ディア神父の記事で知って、これはなんとしても、そうあらねばならない、と思ったことがひとつある。

 それは、ロスアラモスのアシュレー公園にこそ、「原爆死没者慰霊碑」の「誓いの言葉」がなければならないことだ。

  Let all the souls (there) rest in peace ; For we shall not repeat the evi.

 核という「悪」を繰り返さない――これは、「ロスアラモスの誓い」でなければならない。
 
 ####

 そこで提案! 広島市長の秋葉さんに――ヒロシマ・ナガサキの被爆者団体に、ひとつ提案したい。

 ロスアラモスに、「原爆死没者慰霊碑」の「誓いの言葉」のレプリカを置く運動を繰り広げてはいかがか?

 それはビキニにも、旧ソ連のセミパラチンスクにも、置かれてしかるべき「言葉」だと思うのだ。

 そう、雑賀博士の高邁な「We」には、それだけの――全世界を「核廃絶」に導く力がある……。
 
 ####

 8月6日の「ヒロシマの日」が過ぎても、私たちが「ヒロシマ」を、なかなか忘れてしまうことができないのは(心のどこかに引きずらざるを得ないには)、たぶん、この「We」のせいだ。

 「安らかに眠って下さい (私たちは)過ちは 繰返しませぬから」

 慰霊碑に刻まれた「ヒロシマの訴え」は、次の「ヒロシマの日」に続く――1年後に続く、「ヒロシマの訴え」である。

 ヒロシマの死者を安らかに眠らせるには、核保有国の「私たち」が核を廃棄する――それが絶対の前提であり、それしかない。
  

Posted by 大沼安史 at 07:50 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/49249442

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 「過ちを繰り返さない」ために: