« 〔重要 NEWS〕 日本初の海外軍事基地、「アフリカの角」のジブチに 来年早い時期に運用開始 海自幹部がAFP通信に言明  無条約・国会を無視!! | トップページ | 〔NEWS〕 怒りの島、沖縄 「琉球新報」が「鳩山首相は米政府、外務・防衛官僚の言い分を無批判に受け入れるな!」社説 »

2010-05-04

〔NEWS〕 沖縄タイムズ 社説 「鳩山首相来県 県内移設は無理だ」

 沖縄タイムズの4日付け、社説、「鳩山首相来県 県内移設は無理だ」を読んで、心を揺さぶられた。⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-05-04_6230/

 沖縄の世論は――民衆とともに活動するジャーナリズムは、どうしてこんなに、優しく、鋭く、強いのだろう、と思った。

 鳩山首相のおかれた立場を、ちゃんとわかって、こう一言、添える優しさ。

 「鳩山首相を政治的に追いつめるために普天間問題を政争の具にするようなことがあってはならない」

 旧政権(自民党)にツケを回された鳩山政権。  
 「 国民向けには『沖縄の負担軽減』」といい、米国に対しては『抑止力の強化』を主張するという言葉の便利な使い分けが旧政権には目立った。そのつけが今、鳩山政権に回ってきているのである」

 沖縄の論説は、率直だ。もって回った言い方を拒否する。鋭く、本質に迫り、こう言い切る。

 「では、袋小路に入った今の状況を打開するにはどうすればいいのか」
 「普天間の危険性除去について、5月末までに具体的な道筋をつけること。その上で、国会にこの問題を議論するための特別委員会を設け、九州の候補地やグアム、テニアンなどの検討結果を明らかにすること。委員会に米国高官や米軍幹部を証人として招き、海兵隊の役割や21世紀の抑止力について米側の考えを聞くこと」
 「なぜ、日本に海兵隊が必要なのか、在日米海兵隊の駐留目的は何なのかを明らかにする必要がある」

 批判の言葉には、ストレートな強さがある。

 「普天間の代替施設建設と海兵隊のグアム移転のために日本側は1兆円を超える巨額の税金を投じようとしているが、それは安全保障の利益と釣り合いのとれたものなのか」
 「はっきりさせるべき点はあまりにも多い。そうした疑問点を封印したまま海兵隊のヘリ基地を移設しようとしても、日本中どこでも反対にあうだけだ」

 「国益」がどうの、と喚きたてる、一部本土メディアの「御用書き」どもの駄文との、あまりもの違い!

Posted by 大沼安史 at 08:56 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 沖縄タイムズ 社説 「鳩山首相来県 県内移設は無理だ」: