« 〔祝 憲法記念日〕 仙台発 「9条ロゴ」完成! | トップページ | 〔NEWS〕 沖縄タイムズ 社説 「鳩山首相来県 県内移設は無理だ」 »

2010-05-04

〔重要 NEWS〕 日本初の海外軍事基地、「アフリカの角」のジブチに 来年早い時期に運用開始 海自幹部がAFP通信に言明  無条約・国会を無視!!

 遅ればせながら、重要ニュースをひとつ。
 本ブログへのトラックバック、「マスコミに載らない海外記事」 ⇒ http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/nato-5500.html
 で教えていただいたことだが、日本の海上自衛隊の「キタガワ・ケイゾー司令官」が、フランスのAFP通信に対して、アフリカの角のジブチに、日本初の国外軍事基地は来年早々にも開設される、と言明したそうだ。

 「ストップNATO」( ⇒ http://rickrozoff.wordpress.com/2010/04/26/japanese-military-joins-u-s-and-nato-in-horn-of-africa/ )
 や、
 「グローバル・リサーチ研究所(カナダ)」( ⇒  http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=18869 )
 が、掲載した、リック・ロゾフ氏(米国シカゴ在住の国際関係アナリスト)の記事、「日本軍、アフリカの角で米、NATO軍に参加(Japanese Military Joins U.S. And NATO In Horn Of Africa )」でわかった。

 そのレポートで、ロゾフ氏が引用していたAFP電が、シンガポールのストレート・タイムズ紙に載っていたので、以下に全文の邦訳(拙訳、ゴシック強調は大沼)を掲載し、記録として残す。
  ⇒  http://www.straitstimes.com/BreakingNews/Asia/Story/STIStory_518384.html

 日本初の海外軍事基地 (Japan's 1st foreign military base)
 ジブチ発――日本は初の軍事基地を、付近海域で増加する海賊に反撃するため、アデン湾を臨む、紅海南端の戦略地点にあるアフリカの小国、ジブチに開設しようとしている。
 
 4000万ドルで建設される基地は来年の早い時期における完成が見込まれ、無法なソマリアの銃撃手の群れによる船舶ハイジャック、船舶に対する攻撃を抑止する国際的な取り組みを強化することになろう。

 「ジブチ基地」は日本にとって新たな地歩を切り開くものだ。日本は第二次世界大戦以来、これまで実戦部隊を持たず、戦争を戦うことはできない。しかし、日本は自衛隊と言う、米国の占領時代の終わり、1952年も組織された軍事力を持っている。

 「これは、国外唯一の、そしてアフリカで最初の日本の基地になるでしょう」と、日本海軍の司令官(captain )で、現地での作戦展開の調整官であるケイゾー・キタガワは、AFP通信に語った。「われわれは海賊と戦うために、われわれの自衛のために配備されている。日本は海洋国家であり、年に2万席の船舶が航行するアデン湾における海賊の増加は懸念される事態だ」と。

 彼(キタガワ)はアデン湾の海上交通の10%は日本のもので、日本の輸入の90%は、2年前、海賊の襲撃で制圧されかかった、この決定的に重要なシーレーンに依存している、と説明。「われわれの兵員、装備を配備する駐屯地(camp)が建設される。われわれは今現在は米軍基地に駐留している」と語った。

 アデン湾では2008年以来、多国籍軍の艦隊が海上ハイジャックを防ぐためにパトロールしている。「海の安全はだから、日本にとって不可欠もの……この地域の安定は日本の利益になる」と、キタガワは付け加えた。最近の何年かにわたり、ソマリアの海賊は、この重要なルートを航行する日本の船舶(複数)をハイジャックしている。
 ――AFP

 日本発の海外軍事基地の開設!……海自艦艇の派遣は聞いていたが?
 いったい何時、決定されたのだろう。
 
 外務省HPの「ジブチ共和国」の頁をみても、日本の経済協力のための調査団派遣は出ているが、4000万ドルを投入しての軍事基地の開設の話は出ていない。  外務省・ジブチ共和国の頁 ⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/djibouti/index.html
    外務省 調査団派遣 ⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/4/1190510_1096.html
 
 例の、国民に知らせず、目隠ししておいて、こっそり、いつの間にか海外基地を建設している、この政府のやり口は、卑劣であり、きびしく批判されねばならない。

  軍事基地の設置は、ジブチと日本が条約を結んで――つまり、少なくとも日本の国会の承認を条件として、行われるべきものであろう。

 国会を無視して強行したとなれば、大問題だ!

 それに海賊対策であれば、海保の巡視船(武装している)で十分だろうし、海保職員のタンカー乗船(南極の捕鯨船には乗っている)でも事足りることである。

 

Posted by 大沼安史 at 05:46 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔重要 NEWS〕 日本初の海外軍事基地、「アフリカの角」のジブチに 来年早い時期に運用開始 海自幹部がAFP通信に言明  無条約・国会を無視!!: