« 〔NEWS〕 海兵隊 エリック上等兵(19歳) アフガンに死す この母の嘆きを見よ! | トップページ | 〔いんさいど世界〕  世界よ変われ! 「ユーモア政治(党・家)」で »

2010-05-31

〔NEWS〕 沖縄タイムズが社説で指摘 「抑止」「地理的優位性」など「まやかし」に過ぎない  平野・岡田・北沢・石破氏は自分の「地元に誘致」せよ!

 沖縄タイムスの社説(電子版、30日掲載)、[安保の歪み]解消されない不公平 県民に「悔しい思い」を読んで、教えられた。その通りだと思った。鳩山退陣など「政局」問題へのすり替えを図る在京大手メディアとの、この、あまりにも大きな違い!
⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-05-30_6895/

 書き出しは、「鳩山由紀夫首相が迷走したことで、日米同盟のいびつな姿がより鮮明にあぶり出された。
 結局、すべてがNIMBY(Not In My Backyard=ニンビー)である。自分の家の裏庭はやめてくれ、という考え方だ。多くの政治家が「安保は大事だ」と言うが、負担については口をつぐむ。
 「抑止力」「地理的優位性」という検証不可能な言葉を隠れみのにしながら、現状維持にしがみつこうとする。」

 社説の核心部分は;

 「まず海兵隊の体制、任務、活動について「学べば学ぶほど」沖縄でなくてもいいことに気付く。いま現在、沖縄から1600人の海兵隊員がイラク、アフガンなど対テロ戦争に派遣されている。

 残る部隊はタイ、フィリピン、韓国、オーストラリアなど同盟国と共同訓練するために遠征している。6カ月のローテーションで米本国から派遣され、長崎県佐世保に配備されている強襲揚陸艦に乗船して巡回している。

 今年は2月にタイでの共同訓練があり、グアムで訓練した4月にかけて、普天間に残っていたヘリコプターはたったの2機しかいなかった(宜野湾市の目視調査)。

 この状況を知れば、「抑止」とか「地理的優位性」という言葉がまやかしであることが分かるはずだ。」

 そして痛烈な批判!

 「中東や中央アジアへ展開するなら米本国から直接派遣すればいい。船がある長崎を軸に沖縄までの距離で円を描くと、九州全域はもとより平野博文官房長官の大阪府、岡田克也外相の三重県、北沢俊美防衛相の長野県のいずれも移転地になり得る。元防衛大臣で自民党の石破茂氏の鳥取県あたりも北朝鮮をにらむにはナイスロケーションだ。」

 平野氏も岡田氏も北沢氏も石破氏も、そんなに海兵隊の抑止力が大事なら、海兵隊飛行場の「地元誘致」に踏み切るべきだろう。 

Posted by 大沼安史 at 07:10 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 沖縄タイムズが社説で指摘 「抑止」「地理的優位性」など「まやかし」に過ぎない  平野・岡田・北沢・石破氏は自分の「地元に誘致」せよ!: