« 〔NEWS〕 「核削減」をのませる「飴玉」 オバマ 「ニューSTART」と引き換えに800億ドルの核兵器近代化予算を提案 | トップページ | 〔NEWS〕 UCLA 戦時中の強制収容で学業を中断された日系の元学生に名誉学士号を授与 »

2010-05-15

〔NEWS〕 沖縄タイムズ社説 「終わらない戦後を沖縄に負わせるな」

 沖縄タイムズの15日付の社説、「[復帰38年]沖縄の終わらない戦後」を読んで、考えさせられた。
 そうなのだ。沖縄では、戦後は終わっていないのだ。戦後が終わっていないどころか、戦時中がなお続いている。
⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-05-15_6497/

 タイムズの社説は、大宜味村出身の金城健一さん(65)の「声」を取り上げている。金城さんは1962年、全国高校弁論大会に参加し、最優秀賞を受賞した人だ。「米国統治下の沖縄の現実をほとんど知らない本土の人たちの前で、切々と復帰を訴えた」人だ。

 その金城さんが今、こう言っている、という。「歴代の総理の中で県外移設を言ったのは鳩山首相が初めてでしょ。鳩山をつぶしたくないんですよ」

 そう、その点ではたしかに鳩山は立派だ。エライのだ。勇気を振り絞って、少なくとも、そこまでは言い切ったのだから。

 金城さんは、この期に及んで、なぜ鳩山首相を気にかけるか?

 タイムズ社説はこう述べる。「県民がこの期に及んでもなお、鳩山由紀夫首相にいちるの望みを抱くのは、過去の政治が基地維持政策に終始し、負担軽減に真剣に取り組んでこなかったからだ」

 鳩山以前の歴代首相(歴代政権)はそろいもそろって、沖縄のことなど、気にもかけなかったのだ。少なくとも本気で、沖縄の米軍基地の「移転」を語った首相は一人もいなかった。本土政権のなんたる怠慢、なんたる無責任よ。

 ことしは「60年(新)安保50周年」。「沖縄」と「安保」を結合し、日米安保破棄を通告する、絶好の機会である。

 タイムズ紙社説は言う 

 いつまでも「終わりのない戦後」を沖縄県民に負わせてはいけない。

 それは「本土」も同じだ。

 「日米安保」を持続し、いつまでも「終わりのない戦後」を、日本国民に負わせてはいけない。

Posted by 大沼安史 at 06:24 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 沖縄タイムズ社説 「終わらない戦後を沖縄に負わせるな」: