« 〔いんさいど世界〕 世界の視線にさらされる「モサド」 | トップページ | 〔ビデオ NEWS〕 チョスドフスキー教授が予言 米・NATO・イスラエルが対イラン攻撃へ 中国・ロシアを巻き込む「第3次世界大戦」の恐れ »

2010-02-22

〔コラム 机の上の空〕 男はリヤカーの上から、田んぼの女を見ていた……映画「キャタピラー」に思う

 ベルリン国際映画祭のコンペティションにノミネートされた日本映画、「キャタピラー」に主演した寺島しのぶさんが見事、最優秀女優賞に輝いた。

 世界最高の演技をみせた、寺島しのぶさんはもちろん素敵だが、その演技をディレクションし、この「芋虫(Caterpillar)」という、変わったタイトルの映画を作り上げた、若松孝二監督は偉大である。

 73歳――。おそらくは、おのれの監督人生の総決算(その第一作)をするつもりで撮った映画だろう。
 エロス、暴力、連合赤軍事件……ここ数年、世界的に再評価が進んでいたことは、僕も聞き及んではいたが、それにしても、日本の戦後の面の皮を一気に剥ぎ取る、すごい映画をつくったものだ。

          #

 映画の公式HP( ⇒ http://www.wakamatsukoji.org/top.html)に、「静かな田園風景の中で、1組の夫婦を通して戦争のおろかさと悲しみを描く、若松孝二の新境地といえる作品が完成した」とある。

 たしかにその通りだが、そこにあるのは、もちろん「小津安二郎」ではない。カンヌ映画祭で受賞した「砂の女」の「勅使河原宏」でもない。
 あくまでも、あの懐かしい「若松孝二」である。

 HPの「予告編」や「あらすじ」紹介を見ただけで断定するのはよくないことだが、「戦時中、昭和20年」を舞台にした「歴史もの」であっても、「若松孝二」は、あくまでも「若松孝二」である。

          #

 公式HPの「イントロダクション」に、こんな監督の言葉が掲げられている。
 「平和の為の戦争などはない。戦争は人間屠殺場である。」

 ストレートに真実を衝く言葉だし、それはまったくもってその通りだが、それよりも僕の胸を強く打ったのは、ドイツの新聞、「フランクフルター・アルゲマイネ」紙に載っていた、紹介記事についた一枚のスチール写真だった。
⇒ http://www.faz.net/s/Rub553B6C59A6C8447398FD82FD9A3C410B/Doc~E29D190BBF06A44EB8F74CF9D4B82E885~ATpl~Ecommon~Scontent.html

 「拡大」して見てほしい(+のポチをクルック)。リヤカーに乗った、「生ける軍神」、四肢を失った「久蔵」が、田んぼでひとり働く「シゲ子」を、小高いところから見ているシーン。

 水田の広々とした四角と、リヤカーの狭い四角。戦争を痛烈に否定する――戦争を囲い込み、戦争で失われたものを回復し、再生を図る、平和の構図がここにある。

          #

 これは推測だが、若松孝二監督は「水田」を、「生(いのち)」と「平和」のメタファーとして描いたような気がする。

 アルゲマイネ紙によれば、帰還した「久蔵」の変わり果てた姿を見て、「シゲ子」がショックのあまり、飛び出してゆくシーンがあるらしい。

 駆け出した「シゲ子」が、本能的に向かった先はどこか?

 そう、それは、「水田」――。
 彼女は、いのちと平和の、田んぼに向かったのだ   

          #

 若松孝二監督は、重傷を負った帰還兵を描いた、アメリカ映画「ジョニーは戦場に行った」や、江戸川乱歩の「芋虫」に触発されて、この映画と撮った、と「朝日」に出ていたが、発想の根っこにはたぶん、反戦川柳作家、鶴彬の「手を足をもいだ丸太にしてかえし」も、あったはずだ。

 「手と足をもいだ芋虫」となった男を、捨てない女。

 若松孝二監督の「水田」は母性の――日本の母のメタファーでもある。

   

Posted by 大沼安史 at 08:52 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/47636830

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 男はリヤカーの上から、田んぼの女を見ていた……映画「キャタピラー」に思う: