« 空から歌が聴こえる 今夜の1曲は  Slumber My Darling | トップページ | 空から歌が聴こえる 今夜の1曲は 何日君再來 »

2010-02-16

〔コラム 机の上の空〕 「平和の母」の Mythocracy 批判

 愛息のケイシーさんをイラク戦争でなくした米国の反戦運動家、「平和の母」こと、シンディー・シーハンさんが、最近、『Mith America(神話のアメリカ)』という本を電子出版した。

 その「新刊」をめぐる彼女のエッセイ、「現代のプロパガンダが狙うもの:Mythocracy(神話政治)」が、ネット・ジャーナリスムのサイトで紹介されていたので、読んでみた。大事なことに気づかされ、励まされる、シンプルなエッセイだった。

          #

 神話(ミス)と統治(クラシー)の合成語、「ミトクラシー」。
 捏造された事実をプロパガンダで神話化することによって「真実」とみせかけ、民衆を統治するデマゴギー政治を指す。

 アメリカの一般大衆は、「ミトクラシー」によって、どこまでデマゴギーを注入されているか?

 その現実の一端を彼女は、行きつけのスポーツクラブで、「スーパー・ボウル」(アメフト優勝決定戦)の日に見たという。

 試合開始の時間になり、ガラガラになったプールで泳いだりしたあと、ホットバスに浸かり、居合わせたビルという名の初老男性と、こんな話を交わしたそうだ。

  ビル あなたのやっていることは、戦死した息子さんの名を汚すことだよ。
  彼女 そうかしら? 息子は非合法で非道徳的な戦争で殺されたの。息子の名を汚したのは、この国よ。
  ビル でも、やつらが「9・11」で、わしらを攻撃して来たんだ。
  彼女 えっ、「9・11」で、誰が攻撃して来たの?
  ビル イラクとサダム・フセインだよ。
      …………

 2人の会話はさらに続くが、これで十分だろう。
 彼女より年上の、ビルという男性に対する、アメリカ右翼権力による、ミトクラシーの勝利!
 「私の‘スポーツクラブ仲間’のビルは、(この国の)右翼に完全にプロパガンダされてしまっていた……」

          #

 こうした「ミトクラシー」に負けないため――いや、それに対して、民衆の「革命」で応えるために、彼女は新著を出したのだそうだ。
 そう、「革命(レヴォルーション)」を起こそうと、彼女は言い切っている!

 どんなふうに「革命」を起こすのか?
 彼女の呼びかけは、実に素朴で単純だ。たった4つのことを呼びかけているだけ。

 「まず、われわれはミトクラシーの現実を生きている事実を、しっかりつかむ」
 「次に、その神話をどんどん暴き立ててゆく」
 「そして団結して、(支配階級である)ドロボー階級(Robber Class)に抵抗する」
 「最後に、(トップ・ヘビーになった、このミトクラシー)帝国が近い将来、ひっくり返ることを見通す」

 体制の神話を破り、民衆が連帯して抵抗すれば、それで「革命」は成る、というわけだが、彼女はさらにダメ押しで、「これは、わたしたちが勝つに決まった革命だ」と言い切る。

 理由は、ふたつ。
 ① ドロボー階級(1%の超少数派)は、われわれ一般大衆に寄りかからざるを得ない。
 ② われわれの方が人数が圧倒的に多い。

          #

 彼女はエッセイの冒頭に、フランスの思想家、ジャック・エリュールの、こんな言葉を掲げていた。
 「現代におけるプロパガンダの目標は、最早、世論を変えることではない。そうではなく、活発な、神話的な信念を湧き起こすことだ」

 こうした「現代におけるプロパガンダ」は、もちろん、私たちの日本においても、教育、メディアを通じ、今もって――いや、ますます強力に、盛んに行われていること。

 その「幻想」をどう切り裂き、その正体をどう暴いてゆくか?

 「ミトクラシー」を脱神話化する――最低でも、神話化づくりに加担しない。

 現代におけるジャーナリズムの死活的な使命は、ここにある。 

⇒  http://cindysheehanssoapbox.blogspot.com/2010/01/order-info-for-myth-america-ii.html

http://dprogram.net/2010/02/15/the-goal-of-modern-propaganda-mythocracy-cindy-sheehan/

Posted by 大沼安史 at 11:00 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/47586525

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 「平和の母」の Mythocracy 批判: