« 〔COP15 NEWS〕 「50%削減」 ジョージ・モンビオ氏 オバマよ、君が演説で言うべきはコレだ! | トップページ | 〔COP15 NEWS〕  18日(現地時間)午後0時15分 ルラ・ブラジル大統領 「不満」を表明 »

2009-12-18

〔COP15 NEWS〕 未明にたった「2枚(頁)」の「合意文書」案 「2度」、法的に拘束せず 

  ガーディアン紙の報道によると、18日早朝、開かれた先進国を中心とする28カ国の協議で、同日現地時間午後3時の調印が予定されている「合意文書」の草案がまとまった。

 それによると、たったの2頁のテキスト案には、合意国は世界気温の上昇「2度以内」に抑える「べき(ought)」との表現が盛り込まれたが、法的な拘束力は設定されていない。

 削減幅も「ディープ・カット」という抽象表現にとどまっている。ただし、この点に関しては「引き続き協議」とのこと。

 また、2010年12月、メキシコシティーで開かれる次の会合まで、引き続き協議する、との表現も。

 また今後3年間、年100億ドル、2020年までに年1000億ドル(ヒラリー提案)の途上国に対する援助も盛り込まれているが、詳細は欠落している。

 世界はこの程度の指導者しか持っていないことを知らしめる、お寒い「ペラ2枚」テキストではある。

 ガーディアンのブログによると、オバマはCOP会場のベラセンターには向わず、空港近くのホテルで、各国首脳と協議しているそう。

 ベルセンターでは温・中国首相がすでに着席しているそうだ。

 会場は各国代表のボディーランゲージでみるかぎり、悲観ムードが漂っているそうだ。 

 ⇒ http://www.guardian.co.uk/environment/2009/dec/18/copenhagen-world-leaders-document 

 

Posted by 大沼安史 at 07:44 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔COP15 NEWS〕 未明にたった「2枚(頁)」の「合意文書」案 「2度」、法的に拘束せず :