« 〔いんさいど世界〕 12月8日 「平和の女神」 リメンバー! ジャネット・ランキン! | トップページ | 〔NEWS〕 オバマのアフガン戦争 開始 「コブラの怒り」作戦発動 海兵隊がタリバンの拠点、ナウザド突入 英紙記者が同行取材 »

2009-12-06

〔いんさいど世界〕 普天間の米海兵隊は硫黄島へ出てゆけ!

 本日(6日付け)の朝日新聞朝刊で、作家の池澤夏樹さ氏が、沖縄・普天間の米海兵隊を馬毛島に移設してはどうか、と提案していた。

 馬祖島では以前、米軍艦載機の発着訓練を行う構想が出て、「地元」の反対運動が起きた。池澤氏はもちろんそれを承知の上で、敢えて馬祖島の名前を出した。「このくらいショッキングなことを言わないと基地が沖縄から出ていかないのだ」と池澤氏。

 しかし、米海軍艦載機の訓練の一部を移すだけで地元から反対運動が湧き上がるくらいだから、実現性はどれ程のものか?

 僕は広大な閑古鳥の聖域になっている、北海道の「苫東」(苫小牧東部工業地帯)などどうだろうと思ったこともあるが、周辺の人たちのことを思えば、言い出し難い。

 そこで僕なりの提案だが、硫黄島に出て行ってもらったらいい。

 硫黄島は自衛隊の管理下にあり、「住民」は戦時中、強制移住させられていない。飛行場もある。

 それにこの島は、海兵隊の先輩たちが奮戦し、摺鉢山に星条旗を掲げたところだ。海兵隊の聖地! 移転場所として、これほど戦闘心をかき立てる場所はほかにはない。

 遠い? なに、グアムに移転できるなら、硫黄島に行けないわけがない。

 硫黄島では栗林忠道中将以下、日本軍守備隊が「玉砕」を遂げた悲劇の島だ。遺骨の収集も進んでいないと聞く。

 日本政府は普天間からの移転に合わせ、この際、遺骨収集作業を終えてしまってはどうか?

 そうして、日米合同で、盛大な合同慰霊祭を行い、日本側は「不戦」を誓い、米側は「世界テロ戦争」の完遂を誓う。  

 硫黄島ほど実現性があり、なおかつ、日米同盟の現実を象徴する、絶好のロケーションはないと思うが、どうだろう?
 

Posted by 大沼安史 at 12:19 午後 1.いんさいど世界 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 普天間の米海兵隊は硫黄島へ出てゆけ!:

» オバマ対鳩山: 不平等で、違憲で、違法で、植民地的で、虚偽的な米日協定の素性 トラックバック マスコミに載らない海外記事
Gavan McCormack 2009年11月14日 The Asia Pacific Journal: Japan Focus 8月末の選挙で、日本に、鳩山 続きを読む

受信: 2009/12/07 20:18:23