« 〔NEWS〕 アフガンでなぜ戦い続けなければならないのか?……米国務省で初の抗議の辞任 元海兵隊大尉、マシュー・ホー氏(36歳) | トップページ | 〔I Love This SONG For Sentimental Reasons 〕 Ashokan Farewell »

2009-10-28

〔NEWS〕 アフガン麻薬トレード 黒幕のカルザイ大統領の弟にCIAが資金供与 ニューヨーク・タイムズがスクープ暴露報道

 ニューヨーク・タイムズ紙のジェームズ・ライゼン記者が、同僚の記者とともに、またまた大スクープを報じた。

 ブッシュ政権によってアフガニスタンに大統領に据えられた、元西側石油会社役員、カルザイの実弟、アーマド・ワリ・カルザイが、アフガン産の麻薬(それもヘロイン)取引のディーラーであり、しかも、その「弟・カルザイ」が、アメリカCIA(中央情報局)から定期的に資金提供を受けていた、というのだ。

 ライゼン記者は昨年10月、アフガン第二の都市、カンダハルで2004年、現地治安警察が、トレーラー内のコンクリート・ブロックの下から、大量のヘロインを発見、押収したところ、弟・カルザイが電話をかけて来て、手出しするな、と命じた――ことをスクープしたが、今回はさらに踏む込み、その弟・カルザイが、CIAから資金供与を受けている手先だったことを(までは)突き止めた。

 ライゼン記者らは、今回の暴露が、アメリカのアフガン「戦争ストラテジー」に対し、深刻な疑問を提起している、と指摘しているが、こうしたスクープ報道が可能となったのも、ライゼン記者らに対し、オバマ政権内部から――政権内の「ディープスロート」から、何らかの示唆、リーク、情報提供があったからだろう。

 そうしたリークなり情報提供が、オバマ(政権本流=中道左派、もしくはオバマ本人)の「承認(黙認)」の下、なされたとすれば、アフガン戦争の「デスカレーション」(戦線縮小)も在り得るわけで、歓迎すべきことではある。

 で、このライゼン記者らのスクープ記事を、僕なりに読んでの感想だが、どうもオバマ政権の、軍事タカ派・強硬派に対する、リークによる「寸止めの威嚇」のような気がしてならない。

 「麻薬取引の黒幕であるカルザイの弟にCIAが資金供与」から、「麻薬ディーラーとして悪名高き、CIAがカルザイの弟を使って、アフガンを拠点に麻薬ビジネスしている」までは、あと、ほんの一歩の距離。

 しかし、ライゼン記者らの「スクープ」は、そこまでは踏み込ま(め)なかった。
 ま、ここは、次回(?)の大スクープに向けた「宿題」として、今後の取材活動に期待することにしよう。

 ところで、今回のライゼン記者らの「スクープ」が、それでもなお、衝撃的であるのは、「アフガンの麻薬取引の親玉とCIAのコネクション」が暴露されたことである。

 本ブログで先ごろ紹介した、FBI翻訳官、シベール・エドモンズ氏の宣誓証言は、〔CIAが〕NATO軍機を使って、トルコ・ブリュッセル経由で、アメリカのシカゴとパターソン(ニュージャージー)に麻薬を運び込み、売り捌いていることを告発したものだが、今回のライゼン記者らのスクープは、麻薬の「出所」を確認したもの、と言える。

 ライゼン記者らには、この「アフガン産ヘロイン CIAコネクション 密売ルート」にメスを入れることを期待したい。

 ライゼン記者は、『CIA秘録』という本を書き、岸信介首相とCIA(前身のOSS)との関係を暴露した人だ。

 その関係で、ライゼン記者に、もうひとつお願いしたいのが、CIAが前身のOSS時代から、旧日本軍の対中国「第2次阿片戦争」を見習って、西南アジアを舞台に麻薬ビジネスを手がけ、資金源にしていた事実の発掘と確認である。

 そう、「麻薬のCIA」は今に始まった話ではないのだ。そして、CIAに麻薬の「うまみ」を教えたのは、旧日本軍である……

 ライゼン記者には、こうした「歴史の闇」を切り裂く報道を期待したい(ほんとうなら、日本のマスコミに期待したいところだが……)。

 話を飛躍させてしまった。
 元に戻って、今一度、確認するならば、ライゼン記者らの今回のスクープは、アフガン戦争に終止符を打つ上で、大きなインパクトを持つものだ。 

 大統領選挙の大がかりな不正に続く、「カルザイの弟がヘロイン取引。CIAが資金援助」。

 ここまで暴露されたなら、「カルザイによるデモクラシー」を支援するための「アフガン戦争」――などと、とても言えたものではない。

 オバマ政権内のタカ派(CIA長官をしていゲーツ現・国防長官ら)も、米軍増派の大義名分を立てづらくなった、と思っているだろう。

 楽観はできないが、ライゼン記者らのスクープは、アフガン和平に向け、一定の展望を、たしかに開いた。 

 ⇒ http://www.nytimes.com/2009/10/28/world/asia/28intel.html?_r=1&ref=global-home&pagewanted=all

   ライゼン記者 2008年10月の報道 ⇒http://www.nytimes.com/2008/10/05/world/asia/05afghan.html

Posted by 大沼安史 at 09:16 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 アフガン麻薬トレード 黒幕のカルザイ大統領の弟にCIAが資金供与 ニューヨーク・タイムズがスクープ暴露報道: