« 〔いんさいど世界〕 民主党はポチにならない?……FT紙が「自民党」後の日米関係で解説記事 (以下は本ブログの提言)麻生首相よ! 立て! 吠えろ! 噛み付くんだ! | トップページ | 〔I Love This SONG For Sentimental Reasons 〕 あいつ »

2009-07-24

〔いんさいど世界〕 ないない尽くしのアフガン……ウィリアム・ファフ氏、そして、故・藤村信氏のこと

 米ネット誌、「トルースディグ」に、パリ在住の米国人ジャーナリスト、ウィリアム・ファフ氏の論説、『計画通りに行かないアメリカの戦争』が載っていた。

 言うまでもないことだが、ファフ氏は、今は亡き、あの「パリ通信」の藤村信氏(熊田亨氏)のように、パリを拠点に国際情勢を追い、観察結果を記事に書き続けて来た、ベテラン・ジャーナリストだ。
 蓄積があるから、パースペクティブのある記事が書ける。つまりは、信頼できる、大記者。だから、折に触れて目を通す。

           *

 ファフ氏によれば、欧州では、アフガンは米国にとって「新たなベトナム」だという見方が広がっている。アフガン=第2のベトナム戦争。

 ま、ここらあたりは常識的な指摘だが、ファフ氏はさらにグイと踏み込み、「ベトナムよりもっとヒドイ(悪い)」と、イッキに核心に迫る。

 なぜか?

 「ベトナム」には少なくとも、ハッキリした「敵」がいた。「北」には責任ある共産主義者の「政府」があった。
 そして、アメリカにはそこで戦う(的外れではあったが)「理論」があった。(空爆、ゲーム理論)

 「アフガン」にはそれがない。「空爆」できる「タリバン政府」という実態がない。「タリバン」は確かに敵だが、いつの間にか、消えてしまう敵だ。
 だから、アメリカはタリバンを「降伏」に追い込むことはできないのだ。

 では、アメリカに、アフガンで戦って勝つための「理論」があるかというと、それもない。  

 ないない尽くしのアフガン。

 それをファフ氏は一言、The “no’s” have it. と言っていた。

           *

 日本には残念ながら、藤村信氏亡き後、このレベルの、このクラスの大記者は(ほとんど)いない。

  ああ、ホントニ残念なことだなぁ~。

 で、仕方なく、藤村信さんが元気でいらしたら、きっと、こんな「題」の「カブール通信」を書いたはずだ(と勝手に思う)。

 私は一度だけだが藤村信さんの謦咳にふれたことがあるので(この強引な論?法!!)、どんな「題」のレポートを書くか、それだけは分かるのだ。

 そう、きっと、こういうタイトルに決まっている。

 「アフガン 砂漠に乾いたもの」―― 

 ファフ氏の “NO’s” に響きあう題だ。

 ⇒  http://www.truthdig.com/report/item/20090723_us_foreign_wars_not_going_according_to_plan/
 

Posted by 大沼安史 at 09:31 午後 1.いんさいど世界 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 ないない尽くしのアフガン……ウィリアム・ファフ氏、そして、故・藤村信氏のこと: