« 〔ジャック天野の目が点・永田町=ミヤザキ番外地編〕 「僕なら自民、負けない」豪語の「あのまんま知事」と「一問一答」 | トップページ | 〔ビルマより〕 スーチーさん ミャンマー捕囚5000日 »

2009-07-03

〔NEWS〕 中国が「ネット言論統制」を強化  「緑のダム」規制、とりあえず「延期」

 一党独裁国家・中国が、「ネット言論統制」を強めている。インターネットを通じた「コミュニケーション」をブロック、デモクラシーの開花を懸命に防ごうとしている。

 「天安門事件」20周年(6月4日)では何があったか?
 記念日に向けた前段で中国当局が仕掛けたのは、若者たちに人気の「ツィッター」や「ユーチューブ」といった、国外のメディア・ソーシャル・サイトへのサクセスの遮断だった。

 中国国内のブログ・サイトも「一時閉鎖」に追い込まれ、「メンテナンス中」といった表示が出るだけになった。
 ⇒ http://mashable.com/2009/06/04/great-firewall-china/
 
 「天安門事件」20周年を無事(?)乗り切った中国当局が、次に放った矢は、世界的な検索エンジン、「グーグル」に対する「妨害」。

 「グーグル」が「いかがわしいコンテンツ」を中国国内に蔓延させている、との非難だった。
 「グーグル」は単なる検索エンジン。いかがわしいコンテンツを制作、流布しているわけではない。にもかかわらず、6月24日から、妨害行為に乗り出し、翌25日には中国外務省が、グーグルを非難するまでエスカレートした。 

 ⇒ http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/google-slammed-as-china-and-us-quarrel-over-internet-1720576.html

 6月のこの時点で中国当局がムキになったのは、「天安門事件」以外に、もうひとつ、理由があったからだ。

 「緑のダム」検閲ソフト義務化問題。

 「緑のダム」は、中国の軍部系企業2社が開発した、「ポルノ規制ソフト」で、中国政府は7月以降、国内で販売されるパソコンに、同ソフトの搭載を義務付けたのだ。

 この中国政府の動きに、国内外から「言論統制」だと批判と反発が湧き上がったのは当然だが(ユーザーの判断で、市販のフィルタリング・ソフトをインストールすればいいだけのことで、聞いたこともない中国企業のソフトを、強制的に、一斉義務化するのはおかしい)、中でも中国当局を手厳しく非難したのは、アメリカのオバマ政権。

 中国当局が米系企業の「グーグル」を「妨害」したのは、そんな米中の応酬の最中のことだった。

 ⇒ http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/china-demands-porn-blocking-software-on-all-pcs-1700480.html

 が、この「緑のダム」ソフトの義務化は、ドタキャンになる。義務化開始の1日前、6月30日に、中国当局が「延期」と発表したのだ。

 ⇒ http://online.wsj.com/article/SB124636491863372821.html

 この中国当局の「後退」に、喜んだのは、中国の若者たちで、ぼくらの反対運動が実を結んだ(反対のTシャツをつくったりして運動していた)と、祝勝パーティーするグループの姿も。

 ⇒ http://www.ft.com/cms/s/744ae9be-6639-11de-a034-00144feabdc0,Authorised=false.html?_i_location=http%3A%2F%2Fwww.ft.com%2Fcms%2Fs%2F0%2F744ae9be-6639-11de-a034-00144feabdc0.html&_i_referer=

 しかし、今回の中国当局の「延期」措置、国内外の反対世論に押されて「白旗」を掲げたか、というと、どうもそうではなさそう。

 「緑のダム」ソフト自体に「欠陥」があり、義務化すれば、世界の笑いものになることに気づいたせいらしい。

 英国の新聞、インディペンデントが「緑のダム」を実際にテストしてみたら、豚肉料理(ロースト・ポーク)の映像までブロックされてしまったそうだ。
 豚肉を人間の肌と誤認したらしい。

 映画俳優のジョニー・ディップも、漫画のキャラも、「緑のダム」の「おメガネ」に叶わないそうだから、このソフトのレベルの低さが分かる。

 ⇒ http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/chinas-internet-porn-filter--no-garfield-please-1725411.html

 もちろん、中国当局は「緑のダム」を諦めたわけではない。
 バージョン・アップしたものを、いずれ強制するはずだ。

 そしてそう遠くない将来、うわさの「ファイア・ウォール万里の長城」を築き上げるに違いない。

 対抗する動きも、もちろん出ている。
 これは、イランの若者たちもどんどんダウンロード中のものだが、カナダ企業が開発した「ゴーストネット」というソフトがあって、これを使えば、どんな「防火壁」でも透過し、希望のサイトにアクセスできるそうだ。

 中国のネット人口は、なんと2億5000万人。もちろん世界1だ。

 中国の独裁政権と国内外のネチズン(ネット市民)との闘いが、こんご、ますます激化することだけは間違いない。 
 

Posted by 大沼安史 at 08:42 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 中国が「ネット言論統制」を強化  「緑のダム」規制、とりあえず「延期」: