« 〔いんさいど世界〕 ないない尽くしのアフガン……ウィリアム・ファフ氏、そして、故・藤村信氏のこと | トップページ | 〔NEWS〕 「渇っ! BOO仙人の連坊語録」 、新連載(随時ですが……)開始! 記念すべき?「第1回」は、なんと「誰が、日本語を殺したか?」  »

2009-07-24

〔I Love This SONG For Sentimental Reasons 〕 あいつ

 ⇒  http://www.youtube.com/watch?v=kFkwMuCEt7s&feature=related

 30年も前のことだが――それもその時、たぶん、したたかに酔っていたはずなのに、今も憶えている。

 札幌ススキノのスナック・バー。4階か、5階の……。

 新聞社の先輩のNさんが、カラオケでこの歌を歌いだすと、あたりはすぐに、静まり返った。

 その声を(旗照夫にもちょっと似ている)、歌い終わった時の、少しオドケた、(うまく、歌いすぎたかな……?といった)照れた顔を、僕は今でも憶えている。

 当時、苦しい毎日を生きていた僕を、Nさんは一言も言わず、素振りも見せず、頻繁にススキノに連れ出してくれた。

 そう、Nさんは、札幌時代の僕を支えてくれた恩人の一人である。

 (あ、そうだ、大通り公園近くの教会へ、バッハのオルガンを一緒に聴きに行ったこともあったっけ!)

 東京で「一度会おう」と、今年の年賀状でも、声をかけていただいたが、忙しさにかまけ(いや、これは嘘)――ほんとは、も少し、精神的に安定してからにしようと、会わずに仙台に帰って来た。

 でも、いつか、お会いできる日が来る、と思っている。

 で、この「歌」のことになるが、曲はもちろんいいが、詞が素晴らしい。

 信頼できる「あいつ」が、当事者である「僕」と「君」の間に、透明な存在感で、付かず離れず、いつも、さりげなく、適度の距離で、近くにいる(らしい)ところが、とてもいい。

 そう、思いやりの歌。
 僕の「あいつ」は、ススキノの夜に歌われた歌だ。 
  
 
  ⇒  http://www.youtube.com/watch?v=kFkwMuCEt7s&feature=related

Posted by 大沼安史 at 10:23 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔I Love This SONG For Sentimental Reasons 〕 あいつ: