« 〔NEWS〕 バグダッドで拉致された息子へ イギリスの母がビデオ・メッセージ | トップページ | 〔教育コラム 夢の一枝〕 日本の夏休み……りんごの木の育たない夏  ブレイクの詩に寄せて   »

2009-07-19

〔I Love This SONG For Sentimental Reasons 〕 「二人の夏」

 ジュークボックス(Jukebox)のジュークって何のことだろうと思って、辞書にあたったら、「安居酒屋」とか「学校をさぼる」なんて意味が出ていた。

 たしかに、学生の頃、授業をサボって、喫茶店に入り浸り、お金があると、ジュークボックスでヒットソングを聴いていたものだが、日本の「ジュークボックス」ってカタカナ言葉には、うらぶれた居酒屋なんて響きはなかったぞ。ハイカラだったぞ。

 梓みちよさんのこの曲を仙台駅前の喫茶店のジュークボックスで聞いたのは、1969年か70年の夏だ。

 亡妻とのデートだった。

 だから、夏になると、いつも、心の中で鳴り出す。
 
  ⇒  http://www.youtube.com/watch?v=AHkAB3ogktw

 あの頃は、「世界」は「単純」でよかった。暑い夏は、暑かった。(喫茶店に冷房はなかった??)

 知られざる、いい歌だった。自分がいいと思った、いい歌だった。

 そうだよ、8月になったら、仙台駅前からバスに乗って、必ず、深沼海水浴場に行こう。
 行って、この「いい歌」を、心の中で流すんだ。
 
 ぽこっと硬貨(コイン?)を入れて、暫くすると、この、フツーに、いい歌が、また流れ出す……

 思い出のコインは砂の数ほどあるから、タダで何度も、好きなだけ聴けるんだぜ。

Posted by 大沼安史 at 12:58 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔I Love This SONG For Sentimental Reasons 〕 「二人の夏」: