« 〔イラン ビデオNEWS〕 テヘランの街角 悲しきオートバイ機動隊の暴力 | トップページ | 〔イランNEWS〕 2000人以上が拘束 数百人「行方不明」  »

2009-06-29

〔怒りのBOOちゃんのマスコミ閻魔帳〕 「10兆円」の年金積立金が消えました!……えっ、で、たったそれだけ??……

 河北新報の29日朝刊2面に「年金運用 赤字9兆円」という記事が出た。
 共同通信が配信した記事である。

 2面(つまり1面の裏)の左隅、うっかり見逃すところだった。

 「9兆円」も、国民・厚生年金の積み立て金が運用失敗で「消えている」のだ。年金生活者の基本財産が、吹っ飛んでいるのだ。
 「9兆円」ですよ、9兆円……これはもう1面トップ、最低でも準トップものではないか?
 (共同通信のネット・ニュースは⇒ http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062801000522.html

 共同の記事には「2008年度」の「赤字額」が「9兆円台」としか出ていない。
 で、ネットで調べたら、読売のネット記事では「10兆円」。
 ( ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20090627-OYT8T00299.htm

 10兆と(見出しの))9兆とは違いすぎるし、10兆円は9兆円台ではない。
 10円と9円の違いでもない。

 どうして(たとえ見込み額が含まれようと――まるい数字であろうと)もっと正確な数字を出せないのか?
 (あとで「実は」といって積み増す伏線なんじゃないか、と疑いたくもなる)

 共同通信の記事の結びも気になるところだ。
 「厚労省の試算の甘さを批判する声も高まりそうだ」と。
 
 それもそうだが、そんなことより、問題はなんで「10兆円」も「すってしまった」か、である。
 その実態追究と責任追究の構えが(とくに後者)この共同の記事には見られない。

 「世界的な株価の下落や円高による為替差損が響」いたら響いたで、どんな対策が打たれ、それがどういう結果に終わったか、何も書かれていない。

 運用に失敗したのだから、責任をとるのは当然だが、どう責任をとったか(とるのか)も出ていない。
 (4000億円の赤を出した農林中金の農水省出身の天下り理事長は、辞めただけ、まだ立派だ! 退職金を受けとらなけりゃ……)

 ネットで調べたら、年金積み立て金運用にあたっている独立行政法人の理事長は、元日銀の企画局長だった人物。
 ボーナスは別にして、月118万円台(調整手当込み)の超高給をはんでいるお方だ。
 そして理事には霞ヶ関の出身者も、雁首を並べている(こちらは月同96万円台)。

 あ~あ!

 怒りのBOOちゃんとして、マスコミのみなさんにものもうしたいのは、庶民の感覚で取材し、疑問をぶつけ、記事を書いてほしいことだ。

 ネットのブログで、日銀担当記者らしき人が、今回の問題の最高責任者である、独立行政法人の理事長氏(日銀出身)のことを「まどろみの○○さん」などと書いていたが、読者が期待しているのは、その人に「お世話になった」とか、ならなかったか、ということではなく、「10兆円」が消えた事実=謎の解明と当事者に対する公的責任の追及である。

 今からでも遅くない。
 ガンバッテくれ!

 これはマスコミで仕事をするみなさんに対する、国民(庶民)からのお願いである。 

Posted by 大沼安史 at 04:17 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔怒りのBOOちゃんのマスコミ閻魔帳〕 「10兆円」の年金積立金が消えました!……えっ、で、たったそれだけ??……: