« 〔コラム 机の上の空〕 深夜に片倉真由子さんのジャズピアノを聴く | トップページ | 〔NEWS〕 北朝鮮 「150日間働け・働け」運動 クライマッスの10月初め 最高人民会議で3男坊へ皇位継承 »

2009-05-26

〔NEWS〕 金正日、「国体維持」に必死 3男正雲(ジョンウン)に「皇位継承」 「核爆発」の本当の狙いは「国内引き締め」 

 北朝鮮の金正日が「国体護持」に懸命なようだ。自分の目の黒いうちに、3男・正雲(ジョンウン)に「皇位継承」しようと、ファミリーの権力維持に躍起になっているようだ。

 北朝鮮の「皇位継承」については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が、「核爆発」の2日前、今月の23日付けで、「金正日が政治的な移行を開始した、とオバマ政権が結論づけた。義弟の張成沢と3男の正雲がキープレーヤーとして浮上している」と報じていた。

 同紙はこの記事の中で、こうした政権の引渡しが北朝鮮の強硬路線として現れていると指摘、北朝鮮の2回目の核実験は今後数ヵ月のうちに行われると、米政府高官が公言していることも明らかにしていた。

 義弟を後見人につけ、息子の中で一番まともそうな3男坊に政権を渡す。そのための態勢固めとして、軍部強硬派とともに核実験、テポドンⅡ発射など、対外強硬路線を走り、国内の引き締めを図って、「国体を護持」し切る……25日の「核実験」はつまり、こうした意図のものに行われたことになる。

 WSJ紙の「先行スクープ」を、25日の「核実験」につなげると、こうした見方に落ち着かざるを得ない。この「ターゲットは国内」説は、英紙ガーディアンやニューヨーク・タイムズ紙の採るところでもあり、たぶん「正解」であろう。

 では、23日のWSJ報道から2日後に「核実験」のボタンを押したのはなぜか?

 それはおそらく、金総書記がWSJの報道を、ホワイトハウスのリークによる、オバマ政権の「3男政権移譲承認」のサインと読んだからだ。

 それで一気に国内の引き締めにかかり、「3代目」への皇位継承への動きを加速させた……もちろん、推測の域を出ない見方だが、どうもこんな流れのような気がしてならない。

 「国体護持」のためには、狭い国なのに、自国内で「核実験」を行うなど、平気で瀬戸際政策に走り、危機感を煽り立てる、金正日一派。

 まるで昭和20年の「神国・日本」を見ているようで、悲しい。

 当時の「日本の金正日」たちも、「国体護持」なんか言わずに、「和平」に進んでいたら、オキナワもヒロシマもナガサキもなかったのだ。

⇒  http://online.wsj.com/article/SB124304434715249127.html#printMode

Posted by 大沼安史 at 06:44 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 金正日、「国体維持」に必死 3男正雲(ジョンウン)に「皇位継承」 「核爆発」の本当の狙いは「国内引き締め」 :

» 「金正日」を含むニュースと関連グッズの紹介 トラックバック イマナビ!News&Shopping
イマナビでは「金正日」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「金正日」に興味があれば是非ご覧ください! 続きを読む

受信: 2009/05/29 12:55:15