« 〔いんさいど世界〕 「自分の真実を見つけるんだ。そしてソウルフルな人生を生きてくれ」 アメリカのソウル歌手、ジョン・レジェンドが母校、ペンステートの卒業式でスピーチ | トップページ | 〔イラクから〕 グリーン上等兵 終身刑に 極限の状況での犯罪 同僚兵士が証言 評決に安堵した父 »

2009-05-20

〔コラム 机の上の空〕 「再戦、御無用!」 「英霊」たちが教える「九条流」免許皆伝の極意  井上ひさしさんの『ムサシ』(台本)を読む

 文芸誌「すばる」5月号に、井上ひさしさんの新作戯曲、「ムサシ」の脚本が掲載されていた。
 埼玉の初演にも大阪での続演にも行けなかった私は、活字で芝居の流れを追い、机上のステージで評判の舞台を堪能した。

 素晴らしい劇だった。「武蔵」も「小次郎」もよかったけれど、何と言っても「亡霊九人」が――なかでも「舞阿弥」に扮した(?)「八幡宮の白拍子」が、「歴史的」とも言える……いや、日本の歴史を総括するような、最高のパフォーマンスを見せてくれた。

 「芝居」を観(読み)終わった余韻の中で、いつの間にか確信していた。鎌倉での、武蔵と小次郎の「再戦」を思いとどまらせた「亡霊九人」は、この国の歴史の中で無念の死を遂げた、無数の死者たちの代表選手たちに違いない、と。

 声なき声、姿なき姿の「亡霊」たちが、歴史の舞台に登場し、「武蔵VS小次郎」のリターンマッチに事寄せて、戦いの愚を、戦争の虚しさを、笑いの渦の中で、現代日本の私たちに教え諭してくれたのだ。

 死ではなく、生。戦ではなく、平和――すなわち日常のかけがえなさを、「亡霊九人」は、2009年の春舞台で、まるであの「第九」の合唱のように、口々に叫んだ。

 どんなに辛く、悲しく、淋しい一日でも、まばゆく、まぶしく輝いて見える、と。

 死んだ人間だからこそ、生きる素晴らしさがわかるというのは、ロジックでもなんでもなく、究極の真理である。そんな絶対的な定言が、極意の如く、舞台の上で示されたのだ。 

 ありがたいことである。なんまいだぶ、なんまいだぶ、なんまいだぶ……

 「生の歓喜」の肯定、「殺生」の否定の中で、「再戦」を踏みとどまらせた「ムサシ」の舞台の含意は、最早、明らかだろう。

 平和憲法を変えようとする動きがなおも執拗に続いている、2009年の「観客」である私たちにとって、「亡霊九人」とは、先の大戦の「英霊」たちの代表でもある。

 そして「亡霊九人」が「武蔵」と「小次郎」に伝えた、無用な殺生はやめる極意を、戦後日本において形になしたもの――それが、私たちの「九条」である。「英霊」たちが、その無念の死と引きかえに、私たちに贈ってくれた「九条」である。

 「亡霊九人」が消え、武蔵と小次郎が舞台から去って芝居は終わるが、幕が下りると同時に、私たちは最早、「観客」ではなくなる。
 私たちは、その瞬間、歴史の当事者になる。いや、「再戦」をやめさせる、歴史の主役にならねばならない。

 「ムサシ」の芝居のいよいよ決定的な場面で、「まい」こと「舞阿弥」の霊は、私たちの運命にもかかわる、大事な、大事な科白を吐く。

 「お二人が戦わないでくだされば、わたしたちの願いもかないます」――と。

 「まい」役は、白石加代子さん。
 この科白の一行に、彼女が込めた気合のようなものが、舞台を観てもいないのに、耳に響いてくるから、不思議である。

 空耳ついでに、余計なことをひとつ、付け加えさせていただこう。

 これは井上さんの脚本のどこにも書いていないことだが、ともに戦わずして勝ち、それぞれの人生を全うした武蔵と小次郎に、将軍家兵法指南、「柳生宗矩」に扮した「亡霊」の一人から、後日、二人に対し、新陰流あらため「九条流」、「無手勝の極意」の皆伝が授与されたそうである。

 また、これも脚本にないことだが、「まい」こと「舞阿弥」の名科白「お二人が戦わないでくだされば、私たちの願いもかないます」の「お二人」とは、もちろん、「私たち」のことだそうだ。

 さらには、「まい」ら「亡霊九人」組は、元和四年(1618年)の舞台から391年経った、ことし平成21年を生きる日本人全員分の「九条流」皆伝免許状を、すでに用意しており、いつでも手渡せる態勢にあるという。 

 さて、いま一度、「ムサシ」の脚本に戻れば、「舞阿弥」が「笹阿弥」(笹は笹かまぼこの笹)と名乗って猿楽を舞い、大好評を博した巡演の地は、井上ひさしさんが高校時代を過ごした、(今、私=大沼の住む)仙台である。
 
 井上さんの「青春の地」である仙台での「ムサシ」上演の早期実現を望む。

Posted by 大沼安史 at 08:43 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/45075299

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 「再戦、御無用!」 「英霊」たちが教える「九条流」免許皆伝の極意  井上ひさしさんの『ムサシ』(台本)を読む: