« 〔NEWS〕 ワタダ中尉 再審まぬかれる 米当局が再訴追を断念 | トップページ | 〔NEWS〕 金正日、「国体維持」に必死 3男正雲(ジョンウン)に「皇位継承」 「核爆発」の本当の狙いは「国内引き締め」  »

2009-05-24

〔コラム 机の上の空〕 深夜に片倉真由子さんのジャズピアノを聴く

 土曜の午後、CDでピアノのジャズを流しながら、一人掛のソファーで、久しぶりに寛いだ。横浜から仙台の連坊に引越し、その連坊の狭いアパートに、仙台の旭丘に置いていた書籍類など荷物を運び込んだせいで、DKは今、バリケード状態。でも、書斎にしている部屋はだいぶ片付き、仕事(読み書き)はできるようになった。

 ソファーに座って読み始めたのは、フィナンシャル・タイムズのジリアン・テット記者が最近出して評判の「阿呆金(フールズ・ゴールド)」。
 手ごわい本なので、ピアノジャズBGMで景気をつけて読み進めようと、大好きな「ティーチ・ミー・ツナイト」を、リピートで延々と流し続けた。

 夜、ダンボールを2個開けて、ちょっとだけ荷物を整理して、NHKのFMを聴き出したら、いきなりジャズ・ピアノだった。

 カタクラマユコさんの演奏。
 「仙台」出身の期待の新星だと聞いて、慌てて耳を澄ませた。
 初のCD(発売は秋。タイトルは「インスピレーション」になりそうだ、という)に収録される「シークレット・ラヴ」。
 
 とてもよかったので、ネットで調べたら、片倉真由子、29歳、バークレイ、ジュリアードで学び、昨年、日本に戻って活躍し始めたばかりの新進ピアニスト――だとわかった。

 2006年、ワシントンのケネディ・センターで開かれた、メアリー・ロウ・ウイリアムズ女性ジャスピアノ・コンペで優勝したことも。

 1980年の生まれ、ご両親もジャズ・ミュージシャンという彼女だが、ラジオで語る彼女の声にはエリート臭いさがどこにもなく(おまけに、仙台なまりが、うっすら残っていて)、好感を持った。

 好きになったらナントヤラ、シツコサだけが取りえ(?)の私は、早速、ネットで「おっかけ」を開始し、ユーチューブで、What a Wonderful World の演奏ビデオを見つけた。

 3度、聴いて、彼女の完璧なファンになった。
 凄い、繊細なところが、音の響きが――、音の結晶を粒粒に際立たせ、しかも水の幕のように、限界まで流れるように透明に歌い切るところが、凄くいい。

 私は昔、ニューヨークのビレッジ・ヴァンガードで、秋吉敏子さんの演奏を聴いたことがあるが、「片倉真由子」も負けちゃいないぜ。
 いまにきっと、世界を股にかけ、演奏活動をする逸材だ、と見た。

 仙台の出版屋としては、秋吉敏子さんが岩波新書で自伝を出したように、片倉真由子さんには、いずれ1冊、書き下してもらいたいところだか、そんなことより、今はピアノに専念し、世界デビューを果たしてもらうのが先決。

 とりあえずは、一人のファンとして――同郷、仙台のピアノ・ジャズ好きの一人として、片倉真由子さんの今後の活躍を祈ることにしよう。  

⇒  http://www.mayukokatakura.com/frame_basic/frameset.html

  http://www.youtube.com/watch?v=_Pn-J_yBSRg

〔注〕 本ブログは、大沼がボランティア編集長を務める仙台の市民出版社、「本の森」の編集部ブログ、「一番町日記」のコラムを転載・加筆したものです。

Posted by 大沼安史 at 01:57 午前 3.コラム机の上の空 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 深夜に片倉真由子さんのジャズピアノを聴く:

» リングで死亡!ノア三沢光晴 【2代目タイガーマスク】 トラックバック リングで死亡!ノア三沢光晴 【2代目タイガーマスク】
2代目タイガーマスク、プロレスリング・ノア社長の三沢光晴、試合中に倒れ救急搬送! 続きを読む

受信: 2009/06/14 18:24:02