«  〔観る! ビデオ この映像  〕 「燃える槍」 オバマ オレゴン(ポートランド)7万5000人大集会 演説 | トップページ | 〔NEWS〕 乾くスペイン 大旱魃 バルセロナへ フランスから「水船」 異常気象が地中海・カタロニア地方を襲う »

2008-05-22

〔この人に、忘れな草を!〕 黄色いリンゴは希望の色 ロズリン・ジンさん 死去

 歴史家、ハワード・ジン氏の奥さん、ロズリン・ジンさんが5月14日、亡くなった。85歳。
 ベトナム戦争、イラク戦争に反対し、発言を続けて来た歴史家の妻は、腕を組んでデモ行進する同志であり、静謐さと希望をキャンバスに描く画家でもあった。

 ボストン・グローブ紙の訃報によると、彼女がハワード氏に出会ったのは、ニューヨークでの高校生の時。
 結婚したのは1944年10月、ヨーロッパ戦線で爆撃機に搭乗していたハワード氏の最初の休暇中、ゴールインした。

 戦後、ニューヨークで子育てしながら出版社に勤務、大学院で勉強する夫を支えた。

 ハワード氏がアトランタのスペルマン・カレッジで教え始めると、ロズリンさんも地元の黒人劇団に唯一の白人として参加した。

 夫がボストン大学に移ると、そこでソーシャル・ワークを学び、ソーシャル・ワーカーとして活動、ボストンの貧民区、ロクスベリーで子どもたちを支援するなど、社会活動に従事した。

 絵を描き出したのは、20年前、現役を引退してから。死の直前まで、自分で階段を登り切り、アトリエにこもっていた。

 昨年夏、卵巣がんと診断された。ニュートンの自宅から、ウイルフィートにある海辺の別荘に移り、1日に2度、泳ぐなど、最後の夏を楽しんだ。「人生、最高の夏だった」。

 最後に描いた絵の一枚に、黄色いリンゴが描かれていた。友人に「リンゴを一個、どうしても描かなくちゃ、と思った。このきれいな黄色いリンゴを」と語った。

 昨年、「ペインティング・ライフ」という画集を出した。その序文に、こう書いた。

 「こんなにも苦難に満ち、それでいて自然と人間の形象において美しいこの世界で、わたしが見るもの――それがわたしに、希望の可能性を与えるイメージの造形に向かうよう迫るのです」と。

 黄色いリンゴの色とは、ロズリンさんにとって、希望の可能性の色だったわけだ。

 アメリカ史を民衆の視点から見つめ直し、反戦運動の先頭に立って歩き続けて来たハワード氏と、アメリカの希望を一個の黄色いリンゴに託し、キャンバスに描き遺して逝ったロズリンさん。

 その、最後の一枚の中のリンゴの輝きは、夫に肩を抱かれて微笑む、記事に添えられた写真の中の彼女の笑顔と、きっと同じだけ、静かな光を放っているに違いない。

 ご冥福をお祈りする。  

⇒  http://www.commondreams.org/archive/2008/05/21/9095/print/

☆☆PR 「ソーシャル・ビジネス」の市民出版社「本の森」原稿全国募集 PR☆☆ 
          低価格(四六版並製 500部50万円 より) 全国書店配本可
⇒ http://homepage2.nifty.com/forest-g/  

Posted by 大沼安史 at 09:58 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔この人に、忘れな草を!〕 黄色いリンゴは希望の色 ロズリン・ジンさん 死去:

» 卵巣がん闘病記の読み方 トラックバック 患者目線の卵巣がん名医と手術
卵巣がん闘病記には、名医や手術、治療から健康食品や精神的な問題まで、実に多岐にわたる情報が掲載されています。 インターネットを使えば... 続きを読む

受信: 2008/05/23 16:31:10

» 卵巣がんの痛みと向き合う トラックバック 卵巣ガン名医ランキング
卵巣がんになってしまったら、そこから新しい暮らしが始まります。 それまでは健康に疎い人でも、気持ちが嫌でも変わっていくでしょう。 残念なことですが、卵巣がんは痛みを伴うこともありますので、無視しようとしてもできるものではありません。 もちろん、初期症状の間であれば、それほど意識しないで生活することもできますが、治療は早い段階で行うほどに効果が高まります。 いくら卵巣がんの権威や名医と目されている実力ある医師であっても万能ではありません。 すでに症状が進行してしまっていれば、... 続きを読む

受信: 2008/05/23 16:40:57

» 【ソーシャルワーク】についてブログでの検索結果から見ると… トラックバック おまとめブログサーチ
ソーシャルワーク をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… 続きを読む

受信: 2008/05/24 22:17:12