« 〔ビルマから〕 サイクロン直撃 | トップページ | 〔NEWS〕 「ヒラリーよ、降りなさい」 マクガバン氏が勧告 »

2008-05-05

〔コラム 机の上の空〕 戦争と娯楽による子殺し

 5月1日、バグダッドの貧民区、サドル・シティーで、米軍が破壊した家の瓦礫の下から、2歳になる男の子が遺体で見つかった。

 アリ・フセインちゃん。

 そのいたいけな、何枚かの写真は、通信社の手で全世界に流れた。死んでなお、あどけない顔。小さなスニーカーを履いた、歩き出したばかりの細い足。

 このイラクの男の子の命を奪ったのは、米軍が放った「200ポンド誘導ロケット弾」だった。

               ◇

 アリちゃんの父親は、米国ABCテレビの取材に対して、こう言った。

 「アリはわたしの足にすがって、父ちゃん、父ちゃんと言って、いつも外に出たがっていた。戦闘が続いていたから、表へ出せなかった」

 アリちゃんはこの1ヵ月半、家の玄関で、外に出て遊びたいと言い続けて来た。スニーカーを履いていたのは、すぐにでも外に飛び出したかったからに違いない。

               ◇

 そんな矢先、こんどはさらに気持ちの悪い「ニュース」が届き、吐き気を催しそうになった。アリちゃんの悲劇とはまた別の意味で、胸に重苦しい衝撃を受けた。

 「ディズニーランド」を設計したデザイン会社、「ライド&ショー・エンジニアリング」の手で、米軍、傀儡政府機関の立て篭もる、バグダッドの「グリーンゾーン」隣接地に、アメリカ式の「アミューズメント・パーク」をつくる計画が進んでいるのだそうだ。

 英紙「タイムズ」などが報じた。

               ◇

 事業主体は、ロサンゼルスの「C3」という企業。
「イラク政府」から50年リースで、「バグダッド動物園」(イラク戦争開戦時に壊滅した!)を中心としたアル・ザウア公園の一帯、20ヘクタールを借り受け、そこに「バグダッド動物園とエンターテイメント・エクスピリアンス(娯楽の体験)」というアミューズメント・パークを建設するのだそうだ。

 その第一弾として、ことし7月にお目見えするのは、スケボー場。
 アメリカから20万台分の部品を輸入、現地で組み立てて、ヘルメット、ヒザあてと一緒に無料で配るという。

               ◇

 このプロジェクトについて、カナダの「グローバル・リサーチ」研究所代表のマイケル・チョスドフスキーさんが、「戦争のプロパガンダ:ディズニーランドが戦火のイラクへ」という論文で、手厳しく批判している。

 イラクの文化を破壊しておいて、何がアミューズメント。
 子ども心につけこむ、米軍お得意の「心理戦」、「イメージニアリング(イメージ+エンジニアリング)」のプロパガンダであり、悪質だ……と批判している。

 まさに、然り。チョスドフスキー教授(オタワ大学)の言う通り。

               ◇

 お外で遊ぶことも出来ないイラクにしておいて、何がアミューズメント(娯楽)だと、ぼくもまた声を大にして叫びたい。

 「グリーンゾーン」も、その周辺も、武装抵抗勢力の砲撃が続き、とっくに「安全地帯」でなくなっているのに、そこでスケボーをさせる?……

 プラスチックのヘルメットで、ロケット弾を防げるとでも?

 それとも、スケボーで釣って呼び込んだイラクの子どもたちを、「人間の盾」代わりに使おうとでもいうつもり?……

               ◇

 東京湾の最深部、浦安に「東京ディズニーランド」が出来たのは、四半世紀前、1983年。アメリカが「帝都」を「東京大空襲」のファイアーストームで焼き払ってから、38年後のことだった。

 「5月5日」の「子どもの日」のある日本にも、「死ぬまで遊ばせる(Amused to Death)」(アメリカの教育・メディア学者、ニール・ポストマンの表現)時代が来た!

               ◇
 

 が、バグダッドではなお「戦争」が続き、戦闘が、街の破壊と人間の死が日常化している。
 
 バグダッドのみならず、イラクの全土で、日常が破壊され、生活が死んだ!

 それはイラクの子どもたちにとって、未来がすでに奪われてしまったことを意味する。

 米軍が破壊しきったファルージャを記録したビデオ(「クロスファイア」)に、忘れられないシーンがある。

 自転車のわきで呆然とたたずむ、生き残った男の子の虚ろな顔……。

               ◇

 アメリカよ、ふざけるな、と言いたい。  

 アミューズメント・パークよりも先に、歩き出した子どもが元気いっぱい、スニーカーをはいて外に飛び出せる「通り」の復興が先決だ。

 バグダッドに平和を、イラクに平安な日々を! 

 「戦死」したわが子の柩に、「ミッキーマウス」を入れる親は、イラクにはいない。  
 
⇒ 
 http://www.abcnews.go.com/International/story?id=4775808&page=1

 http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/iraq/article3802051.ece

 http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=8837

  http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/iraq/article882037.ece

☆☆PR 「ソーシャル・ビジネス」の市民出版社「本の森」原稿全国募集 PR☆☆ 
          低価格(四六版並製 500部50万円 より) 全国書店配本可
⇒ http://homepage2.nifty.com/forest-g/  

Posted by 大沼安史 at 03:45 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 戦争と娯楽による子殺し: