« 〔アフガンから〕 「死刑判決」の男子学生 処刑回避の見通し | トップページ | 〔NEWS〕「9・11」調査委員会の事務局長 ブッシュ擁護の圧力 NYT記者が新著で暴露 »

2008-02-06

〔NEWS〕 「わたしはスケープゴートにはならない」フランスの銀行の巨額損失事件 「トレーダー」が反撃開始

 フランスの銀行、ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ジェローム・ケルビエルさん(31歳)が、弁護士立会いの下、AFP通信と会見し、「わたしはスケープゴートにならない」と語り、彼個人に取引失敗の全責任を押し付けようとする流れに対し反撃を開始した。

 会見でケルビエルさんは「部分的な責任はある」と認める一方、「銀行から金を奪うといった野心はなかった」として、背任容疑を否定した。

 〔大沼・注〕 ケルビエルさんに対しては、実母が「断固支援」を表明、金融グローバル化と格差拡大に苦しむフランスの一般民衆からも支援の声が高まっているそうだ。

 マクドナルド店を襲った、あの農民のように、「ごろつきトレーダー」のレッテルが「英雄」に張り替えられる日も近い……かもしれない。

 ケルビエルさんは「プレーン・バニラ(日本語的に言えば「素うどん」あるいは「かけそば」?)」と呼ばれる、その世界では極く一般的な金融派生商品の取引を担当、49億ユーロ(約7800億円)の損失を出し、背任などの容疑で当局の任意捜査を受けているが、真の元凶は世界的なハイパー過剰流動性と、世界経済のカジノ化である。

 そしてその金融バブルを産み出した張本人のひとりが、「格安マネー大放出」⇒「円キャリ」の大盤振る舞いをしていた(る)、われらが日本銀行だ。

 故・城山三郎氏が名前を口にするのも嫌がった、あの○○氏(村上ファンドに儲けさせてもらった……)が「総裁」の座に居座っている、われらが中央銀行である。

 そういえば、ある有力な日銀元総裁は、フランスとなぜか関係があるそうな……。

 ケルビエルさん、もしもあなたの顧客に、日銀関係者、日本の政治家など日本の権力者が含まれているなら、是非とも暴露していただきたい。

 切にお願い申し上げるとともに、貴君のさらなる反撃の成功を心からお祈り申し上げる。
 

⇒ http://www.lemonde.fr/web/imprimer_element/0,40-0@2-3234,50-1007801,0.html

Posted by 大沼安史 at 01:47 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 「わたしはスケープゴートにはならない」フランスの銀行の巨額損失事件 「トレーダー」が反撃開始: