« 〔アフガンから〕 ランボーも真っ青 アフガンの地獄 過去2年間に1万人以上が死亡 米・NATO軍の戦死者も300人 | トップページ | 〔アフガンから〕 「女性の権利」を考えようとしたアフガンの男子学生に死刑判決 福田政権は「給油」支援を凍結して抗議せよ! »

2008-01-29

〔重要NEWS〕 「日本の脱ナチ化」を ジョージ・ソロス ダボスで語る

 ニューヨーク・タイムズ(電子版)の「ダボス日記」を読んで、「寒気」(?)を感じた。

 スイスの冬のリゾート地のホテルで、米国&世界政治経済に影響力を持つユダヤ人大富豪、ジョージ・ソロス氏が1月25日の土曜日、世界経済フォーラムを取材中の米国人記者たちをランチに招待し、さまざまな問題に対し、率直な見解・意見を表明したのだ。

 〔ソロス氏がダボスで、今回の世界不況を戦後最大のものだと述べたことは、日本の一部主流マスコミでも紹介されているので、今回は省く〕

 ソロス氏が米記者団との懇談で述べた中身で(われわれ日本人にとって)最も注目されるのは、「日本(とトルコ……アルメニア人虐殺問題に言及していると思われる)が、暗い歴史の過去を認めるのを嫌がっていることで傷ついている」と発言し、さらにこう続けていることだ。

 「アメリカはドイツで導入した政策をフォローする必要がある」「われわれはある種の脱ナチ化(de-Nazification)のプロセスを行わなければならない」と。

 これは戦後日本に巣くい続けている「戦前的なもの」のパージを提案したものと、とることができる。

 ソロス氏はつまり、日本の右派勢力(政治経済の官僚統制=抵抗勢力)の排除を行うべきだと提案しているのである。

 この懇談の席でソロス氏は、「オバマ支持」を表明(予備選でヒラリーが勝ったら「ヒラリー支持」)した。

 ブッシュ後の民主党政権はもしかしたら、ソロス氏のアドバイスに沿って、「日本の1940年体制」の本格解体に乗り出してくるかもしれない。

 だから、本ブログでは何度も口を酸っぱくして言って来たのだ。「美しい国」……言いたい気持ちはわかる。「事実ではありません」……言いたい心情はわかる。しかし、単なる「イデオロギー回帰」ではダメなのだ。政治経済の官僚統制・支配の解体に踏み切らないと、この国に未来はない。

 ソロス氏の昼飯論議を雑談と聞き流してはいけない。

⇒ 
http://dealbook.blogs.nytimes.com/2007/01/27/george-soros-backs-obama-but-hedges-his-bets/?scp=1-b&sq=Soros%2C+Japan&st=nyt

Posted by 大沼安史 at 02:40 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔重要NEWS〕 「日本の脱ナチ化」を ジョージ・ソロス ダボスで語る:

» 楽天ホテルで旅行 トラックバック ,〔重要NEWS〕 「日本の脱ナチ化
次の記事も楽しみにしてます! 続きを読む

受信: 2008/01/30 19:11:37