« 〔NEWS〕 英国 全家庭電力を風力発電で 2020年まで沿岸に「風のファーム」張り巡らす | トップページ | 〔ビルマから〕 ◇ インセイン刑務所で活動家のクヤウ氏がハンスト ★ 北朝鮮が大使を派遣 »

2007-12-09

〔イラクから〕 息子2人の復讐で母親が自爆攻撃

 バクダッドの北東、ディヤラ州のムカタディヤーで12月7日、自爆攻撃が2件、起きた。

 最初はその日の朝、ひとりの女性が、親米スンニ派組織、「1920年革命旅団」の事務所に近づき、自爆した。

 地元の消息筋によると、この女性は元バース党員で、息子2人が「アルカイダ」派の側に立って活動し、殺されたという。

 「1920年革命旅団」は反米から親米へとスタンスを変えた、「目覚めたグループ」のひとつ。

 この自爆攻撃で15人以上が死亡した。

 このあと、現場から16キロ離れた検問所で乗用車に乗っていた男が自爆し、7人が死亡した。

 アルカイダ組織の「イラク・イスラム国」がネットで「目覚めたグループ」への攻撃開始を宣言していた。

⇒ http://news.independent.co.uk/world/middle_east/article3233352.ece

Posted by 大沼安史 at 11:22 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 息子2人の復讐で母親が自爆攻撃: