« 〔コラム 机の上の空〕 駱駝(ラクダ)は死んでも、ドラゴン(竜)は生きる……? | トップページ | 〔コラム 机の上の空〕 「東の娘」 ベナジール・ブット、暗殺さる  »

2007-12-26

〔コラム 机の上の空〕 ありがとう、オスカー・ピーターソン

 ジャズ・ピアニストのオスカー・ピーターソンが亡くなったと聞いて、悲しいというより、ありがとう、という思いが先に湧いた。

                   ♪

 この10数年というもの、苦しくなると、いつもCDを引っ張り出し、「自由への賛歌」をリピートで聴き続けて来た。

 鼓舞してくれる演奏ではなかった。優しく慰める演奏でもなかった。

 でも、黙って聴いていると、どこか隅の方から心の入り込んで来て、まるで白血球のように苦しさの塊を着実に分解してくれる。晴れ間が生まれる。

 それはたぶん、あのトレモノの効果のせいだろう。

 聴いているうちに、トレモノの波に洗われているうちに、苦痛は和らぎ、どこか下の方から、白い砂浜のような安心感が湧いて来る。

                  ♪

 安心は動機を生み、離脱する力を与えてくれた。だからわたしは、翻訳の仕事を続けて来れたのだ。

 自分の過去を離脱し、アルファベットの連なりを、その瞬間において一つずつ辿りながら、先へ、先へと併走する。

 それは過去からの逃避であったかも知れないが、現在(現実)になんとか踏みとどまろうとする努力だったような気もする。

 「自由への賛歌」を飽かず聴き続ける安心感の中で、わたしは「現在」を過ごすことを繰り返し、いま、ここに至っている。
 

                   ♪
                   

 リベラシオン紙の死亡記事(電子版)で、昨年4月の生演奏のビデオを見て(聴いて)、素直に脱帽した。

 1年半前というと、80歳か81歳のときの熱演。
 脳溢血でマヒした左手を少しかばっているようにも見えたが、迫力ある演奏だった。

 オスカー・ピーターソンはその年齢にして、ジャズという今を、未来へ向けて生きられる時間を、見事に、精力的に生き抜いて見せた。

 曲目は「ケーク・ウォーク」。スローな「自由への賛歌」と反対に、速いテンポの演奏。

 慰めてくれはしないが、あの巨体で胸倉をつかみ、ぐいと引きずり上げ、鼓舞してくれる演奏ではあった。

 生前の安心プラス死後の励まし。

 ありがとう、オスカー・ピーターソン。 

  

http://www.liberation.fr/culture/300214.FR.php

☆☆PR 市民出版社「本の森」原稿全国募集 PR☆☆ 
 日本一(?)の低価格 四六版並製500部50万円より
  ⇒ http://homepage2.nifty.com/forest-g/  

Posted by 大沼安史 at 12:08 午前 3.コラム机の上の空 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 ありがとう、オスカー・ピーターソン:

» 脳 トレ トラックバック ちょいとれ.com
"知ってそうで知らない一般常識をちょいとトレーニングできちゃうサイトです。 右に出題される一般常識問題を、下の4つの選択肢のうちからクリック!すぐにトレーニングが始まります! あなたはいくつ答えられるかな? それでは、スタート!!" 続きを読む

受信: 2007/12/27 9:01:44