« 〔ビルマから〕 ○「満月祭」 僧院に市民ら800人集合 ★ 人権活動家を喫茶店で逮捕 「国際人権デー」の予防措置か? | トップページ | 〔2007・12・01重要ニュースLINK 机の前の窓〕 ☆ インドネシア 7900万本植樹  ★ NZ 18歳ハッカーを聴取 ☆ イタリアで4半世紀ぶりの大ストライキ  ★★★ 米特殊部隊によるパキスタンの「核」奪取を提唱  ☆☆☆ 豪新首相 2008年半ばまでにイラク撤退  ★ 日本政府 中国艦寄港を拒否  ★ 中国 米艦の新年寄港を拒絶  ■ ベンチャー・キャピタル 「軍事」に流入 「緑」から逃避? ナオミ・クラインが指摘 »

2007-12-01

〔ビルマから〕 ☆ 全ビルマ僧連盟 不明僧の消息調査を要求  ☆ 詩人のミント氏、タイ国境地帯に脱出  ☆ 軍部支持の民兵指導者の葬儀で僧が執行を拒否  ★ マギン僧院を閉鎖 僧全員に退去命令  ☆ スーチー女史にデモクラシー貢献賞

☆ DVB(ビルマ民主の声)が11月22日に報じたところによると、「全ビルマ僧連盟(ABMA)」は21日、9月の民主化デモ以来、行方不明になっている僧侶の消息調査を要求する声明を発表した。

 同連盟は声明の中で、「全国大僧正協会(NHMA)」が軍政に対決していないことを批判。「NHMAは僧侶を守る義務がある」と、早急に行動を起すよう求めた。

 ABMAによると、軍政当局はこれまで60の僧院を襲撃、僧を殴打し、死者まで出しているが、NHMAは「関与せず」との軍政当局の説明を受け入れている。

〔大沼・注〕  軍政当局は僧侶を取り込み、仏教の「鎮護国家仏教化」を狙っているようだ。

⇒ http://english.dvb.no/news.php?id=710

☆ DVBが同月28日に報じたところによると、詩人のクヤウ・ス・モエ・ミント氏が軍政による迫害を逃れ、ブルマ・タイ国境地帯への逃亡に成功した。

 ミント氏はバレンタイン・デーを記念して刊行した詩集のうちの2つの作品が、スーチー女史の実父でビルマ独立闘争の英雄、アウング・サン氏に言及していることから、今年前半、裁判にかけられ、有罪を言い渡されていた。

 軍政当局は同氏に対し、さきごろ、再び裁判にかけることを通告していた。

 ミント氏はマンダレーのクヤウク・セ地区から、DVBに対し、次のようなコメントを語った。

 「わたしはこれ以上、刑務所暮らしを強いられると、民主化運動にも貢献できないことから、脱出することにした。わたしは文学関係者らすべての人びとに対し、運動の継続を呼びかける。それはわたしたちの責務であるからだ」

〔大沼・注〕  タイ国境地帯は軍政当局の支配が及ばない「聖域」で、悪名高き「インセイン刑務所」の実態を暴露する私設美術館も開設されている。

⇒  http://english.dvb.no/news.php?id=717

☆ DVBが同月28日、報じたところによると、ヤンゴン市内インセイン地区の軍政支持民兵組織指導者、スワン・アール・シン氏の葬儀の執行を、地元の僧たちが拒否した。

 シン氏が死亡したのは、11月26日午後1時半のこと。

 これについて地元住民は、「9月の民主化デモも開始時間と同じだ」と指摘した。

http://english.dvb.no/news.php?id=718

★ DVBによると、ヤンゴン市内のマギン僧院の僧たちに対し、軍政当局が退去命令を出した。

 地元の軍政当局者が27日、僧院に対して、僧侶全員を帰宅させるよう命令書を手渡した。

 僧院の代表者で、80歳になる高僧、ウ・ナンディヤ氏はその場で逮捕された。 

 僧院は28日になって軍政当局によって閉鎖された。

 同僧院はエイズ患者の救援にあたっており、退去を強いられた患者らは近くの交差点に集合、成り行きを見守っている。

⇒  http://english.dvb.no/news.php?id=719

http://english.dvb.no/news.php?id=720

☆ DVBが29日に報じたところによると、自宅拘束中のスーチー女史に対し、英国の「政治研究連盟」から、デモクラシー運動への献身を讃える賞が贈られた。

⇒  http://english.dvb.no/news.php?id=721

☆☆PR 市民出版社「本の森」 原稿全国募集 PR☆☆ 
 日本一(?)の低価格 四六版並製500部50万円より
  ⇒ http://homepage2.nifty.com/forest-g/  

Posted by 大沼安史 at 07:50 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ビルマから〕 ☆ 全ビルマ僧連盟 不明僧の消息調査を要求  ☆ 詩人のミント氏、タイ国境地帯に脱出  ☆ 軍部支持の民兵指導者の葬儀で僧が執行を拒否  ★ マギン僧院を閉鎖 僧全員に退去命令  ☆ スーチー女史にデモクラシー貢献賞: