« 〔ビルマから〕 軍政の弾圧続く 中国国境沿いの地域の寺院も 「逮捕者3000人」と国営紙、「88年世代」国連事務総長に制裁強化を求める書簡 帰国者も空港で逮捕 コメディアンのザルガナール氏が釈放 | トップページ | 〔ビルマから〕 500万人 飢餓 »

2007-10-18

〔コラム 机の上の空〕 スーチー女史に捧げる歌 ダミアン・ライスの「弾かれざるピアノ」

 ビルマからをネットで追っていたら、アイルランドのフォーク歌手、デミアン・ライス(Damien Rice)さんが、スーチー女史に捧げる歌を歌っていることを知った。

 ライスさんは33歳。
 捧げる歌のタイトルは、「弾かれざるピアノ」。

 その詞がネットに出ていた。

 メロディーは、注文したCDが届くまではわからない。
 が、詞を読むだけで十分だ。
 勝手なメロディーが、ひとりでに胸の中で鳴り出す。

 ライスさんの「象」という歌の、ライブ演奏をネットで聞いた。
 優しい声の、心にしみわたる歌だった。

 「弾かれざるピアノ」も、たぶん優しく、シンプルなメロディーだろう。

 この世界に、こういう曲を書いて歌っている歌手がいる。そう思うと、ちょっと気が晴れる。そして、やはり、うれしくなる。

 この歌を、スーチーさんは聞いたことがあるのだろうか?
 

 スーチーさんのピアノは弾かれる日が来るのを待っている。
 自由の鐘のように、弾かれるその日を待っている。

 

 弾かれざるピアノ

 来て下さい わたしに会いに
 眠れるように歌って下さい
 泣かなくちゃならなときは抱きしめて

 たぶん その季節ではないけれど
 たぶん その年ではないけれど 

 たぶん これでいい理由もないでしょう
 わたしが閉じ込められていることに

 わたしをただ隠しておきたい それだけのことで
 月は煌々と輝いているのに
 彼らはわたしの夜をさらに暗くする

 弾かれざるピアノたちは
 ときどき窓辺に寄って

 愛する人の来ない部屋に
 彼女は独り 腰をおろす 沈黙の歌とともに
 誰かが届けてくれた歌とともに

 弾かれざるピアノたちは
 弾かれることを待っている

 蓋は閉じられ
 身じろぎもしない部屋に

 たぶん かんたんなことではなく
 あるいはたぶん むずかしいことでもなく

 たぶん わたしを解き放つことは
 人びとが決めてくれること

 わたしには隠すこのは何もなく
 わたしは何も悪いことをしていない
 それなのにどうして、こんなにも長く ここにいるの?

 弾かれざるピアノたちは
 ときどき窓辺に寄って

 
 愛する人の来ない部屋に
 彼女は独り 腰をおろす 沈黙の歌とともに
 誰かが届けてくれた歌とともに

 弾かれざるピアノたちは
 ときどき窓辺に寄って

 
 愛する人の来ない部屋に
 彼女は独り 腰をおろす 沈黙の歌とともに
 誰かが届けてくれた歌とともに

 
 弾かれざるピアノたちは
 弾かれることを待っている
 年は過ぎ行く
 月の満干の中で

  Unplayed Piano
   

  Come and see me
  Sing me to sleep

  Come and free me
  Hold me if i need to weep

  Maybe it's not the season
  Maybe it's not the year

  Maybe there's no good reason
  Why i'm locked up inside
  Just cause they wanna hide me
  The moon goes bright
  The darker they make my night

  Unplayed pianos
  Are often by a window
  In a room where nobody loved goes
  She sits alone with her silent song
  Somebody bring her home

  Unplayed piano
  Still holds a tune

  Lock on the lid
  In a stale, stale room
  Maybe it's not that easy
  Or maybe it's not that hard
  Maybe they could release me
  Let the people decide
  I've got nothing to hide
  I've done nothing wrong
  So why have i been here so long?

  Unplayed pianos
  Are often by a window
  In a room where nobody loved goes
  She sits alone with her silent song
  Somebody bring her home

  Unplayed pianos
  Are often by a window
  In a room where nobody loved goes
  She sits alone with her silent song
  Somebody bring her home

  Unplayed piano
  Still holds a tune
  Years pass by
  In the changing of the moon
 
 


http://www.iht.com/articles/ap/2007/10/07/europe/EU-GEN-Myanmar.php

http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/PrintLyrics?OpenForm&ParentUnid=EEB6CD58518C72934825703C00096DA8

http://www.damienrice.com/home.html

http://en.wikipedia.org/wiki/Damien_Rice

http://www.digitalspy.co.uk/showbiz/a76368/damien-rice-joins-un-burma-campaign.html

http://www.rctimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20070913/ENTERTAINMENT0102/709130303/1005/MTCN0303

http://www.mizzima.com/MizzimaNews/News/2007/Oct/26-Oct-2007.html

Posted by 大沼安史 at 11:08 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 スーチー女史に捧げる歌 ダミアン・ライスの「弾かれざるピアノ」:

» [アウンサンスーチー][音楽]スーチー女史に捧げる歌 Unplayed Piano by Damien Rice and Lisa Hannigan トラックバック 青梅日記 aoiume diary
アイリッシュ・トラッド・フォークのシンガー・ソング・アンド・ライター、ダミアン・ライスの「Unplayed Piano」。アウンサンスーチーさんに捧げられている。いっしょにデュエットしているのは、Lisa hannigan。 アイリッシュ・トラッド風というメロディとボーカルの2人の... 続きを読む

受信: 2007/10/20 3:53:43