« 〔ビルマから〕 スーチー女史、依然「不明」 作曲家のリウィン氏が釈放 治安部隊がデモ隊に「自動小銃を発射」と証言 女流作家を尋問のため連行 豪が将軍らの銀行口座を封鎖 | トップページ | 〔ビルマから〕 「兵士は夜、やって来る」 ワシントン・ポスト紙の女性記者がラングーンをルポ 「ライオン(軍政)に取り付く9人の少年僧ら」の絵のシンボリズム 続く市民のレジスタンス  »

2007-10-24

〔イラクから〕 未明に畑に出ようとして……農民、婦女子 11人を殺害 米軍ヘリが攻撃 武装勢力と「誤認」

 Yahoo!ニュースが伝えたロイター電によると、バグダッドの北100キロのサマワで10月23日、米軍ヘリが路肩爆弾を埋設中のグループを攻撃、11人を殺害した。

 現地、デジラ村の警察、住民によると、殺害されたのは、武装勢力ではなく現地の農民、女性、子どもたちで、米軍の「誤認」らしい。

 未明の午前4時半ごろ、畑に出ようとした農夫3人がヘリの攻撃を受けた。うち2人はその場で死亡、生き残った1人が自宅に逃げ帰ったところ、ヘリが攻撃、家を完全に破壊したという。

 米軍も死者の中に5人の女性と子ども1人が含まれているのは認めている。
 武装勢力が現場近くの民家に逃げ込んだ、というのが民間人殺害の「釈明」だ。  

 これが、日本政府の支持する「イラク戦争」の真実である!!


http://news.yahoo.com/s/nm/20071023/ts_nm/iraq_dc

Posted by 大沼安史 at 09:00 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 未明に畑に出ようとして……農民、婦女子 11人を殺害 米軍ヘリが攻撃 武装勢力と「誤認」: