« 〔ビルマから〕 「パンティー・パワー」全開! フィリピンの女性ら ビルマ領事館にパンティーを投げ込み抗議 NLDメンバー 川で死体で発見 アラカン州で70人が行方不明 カレン、カレニ州で政府軍と戦闘  | トップページ | 〔NEWS〕 全米でイラク反戦行動 シスコでは「3万人」がダイ・イン  »

2007-10-28

〔イラクから〕 クルド危機 トルコ軍の過激派による「イラク侵攻」策動の側面も パトリック・コバーン記者がトルコ国境地帯から報告

 英紙インディペンデントのパトリック・コバーン記者が10月28日、トルコ国境地帯のカンディル山地から、同紙に現地報告を寄せた。

 その中でコバーン記者は、トルコ領内での攻撃は、すべてがPKK(クルド労働者党)によるものではなく、トルコ軍内の過激派によるものも含まれている、とのクルド筋、アンカラ外交筋の見方を紹介している。

 なかでも、ベイトゥッセバップで最近、トルコ政府を支持する地元警備隊12人が射殺された事件は、トルコ軍内の過激派によるものと見られる。

 トルコ軍にとってトルコ領内へのクルド人掃討作戦の実施は、トルコの国内政治において存在感を示す。いわば切り札的なもので、軍内過激はそのための口実をデッチ上げているらしい。

 そんな軍内過激派と、自らの存在感を示しそうと躍起となっているPKKの思惑(たとえば、PKKは拘束されている指導者、オカラン氏の巨大な肖像画を、彩色した石でもって地面に描き、衛星写真のカメラに向かってポーズをとらせているという)が一致して、トルコ政府の決断による「イラク侵攻」が、いやいやながら始まろうとしている。


http://news.independent.co.uk/world/middle_east/article3104682.ece

Posted by 大沼安史 at 06:24 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 クルド危機 トルコ軍の過激派による「イラク侵攻」策動の側面も パトリック・コバーン記者がトルコ国境地帯から報告: