« 〔ビルマから〕 スーチー女史 連れされられる? | トップページ | 〔ビルマから〕 スーチー女史、依然「不明」 作曲家のリウィン氏が釈放 治安部隊がデモ隊に「自動小銃を発射」と証言 女流作家を尋問のため連行 豪が将軍らの銀行口座を封鎖 »

2007-10-24

〔いんさいど世界〕 シリアの「核」施設をイスラエルが空爆 北朝鮮の「原子炉」 ブッシュ政権「幕引き」工作

 10月21日のニューヨーク・タイムズ(電子版)に、シリアのダマスカス発のAP電が載っていました。その日、北朝鮮の最高人民議会議長、チョエ・タエ・ボクがシリアのオタリ首相を会談した、という短い記事です。

 シリア国営通信(SNA)も、この首脳会談を、「相互協力」について話し合ったと報じ、北朝鮮の代表のシリア入りを確認しました。

 いまどき、なぜ、北朝鮮の有力者が、シリアに……?

 このニュースを聞いて、「北朝鮮」問題に関心のある世界の関係筋は「やはり、そうだったのか」という思いにとらわれました。

 「北」の代表のシリア入りを、「情報収集」と「事態収拾」のための「反応」ととらえたのです。
 
 「北」としては、シリア側の「状況分析」を聞き、「口裏合わせ」をする必要があった……。だから、ダマスカスにボク議長を急遽、派遣した……。
 こんな見方が一気に広がりました。

 それでは、ボク議長とオタリ首相の会談の、ほんとうの中身は何をめぐるものだったか?

 それは、シリアが北朝鮮からの技術供与で、イラク国境の近い、ユーフラテス川沿いに密かに建設していた黒鉛型「原子炉」の「破壊」問題です。

 「破壊」??……そう、実は日本ではあまり知られていないことですが、9月6日にイスラエル空軍機がこの原子炉に対して越境空爆を行い、破壊していた……。
 そういう、とんでもない「事実」があったからです。

 「原子炉」から出るプルトニウムは、「核」の材料です。シリアは北朝鮮から「輸入」した原子炉で、プルトニウム爆弾を製造する第一歩に踏み出した……イスラエルはこんな危機感から、空爆を決行した。

 イラクの「オシラク炉」に対する、1981年の越境空爆の対シリア版を、イスラエルは実行したわけです。

 これだけの事件が、どうして世界の「大ニュース」になっていなのか?
 それは、イスラエルがたぶん、アメリカのごり押しで、「蓋をした」からです。ブッシュ政権が慌しく、「もみ消し」に入った。

 イスラエルでは全マスコミに「緘口令」が敷かれ、アメリカもダンマリを決め込みました。

 そんな「幕引き」工作が成功しつつあった、9月半ば、アメリカのAP通信が嗅ぎ付け、「北朝鮮がシリアの核開発を支援」とスクープ報道を行いました。
 この段階では、「イスラエルの空爆」のクの字もなかったのですが、10月10日に、ニューヨーク・タイムズ紙が「イスラエルの(シリア)攻撃が米政府部内で議論に」とすっぱ抜き、14日はついに「分析家が確認:イスラエルがシリアの核プロジェクトを攻撃」と、決め打ちの特ダネをかっとばしましたのです。

 タイムズの報道によると、アメリカがシリアでの原子炉建設を衛星警察写真で確認したのは、ことしになってから。

 北朝鮮はヨンビョンで、5メガワットの黒鉛炉を稼動しているのですが、シリアはこれと同じタイプのものを建設していた、というのが、アメリカ、イスラエル当局の見方だそうです。

 この原子炉攻撃をめぐっては、アメリカが自制を求めたのに、イスラエルがこれを蹴って決行したといいます。

 イスラエルという国は「国の存続(サバイバル)」にとても神経質な国で、イランの「核施設」に対して攻撃計画を練っているといわれています。だから、同盟国のアメリカが何と言おうと、やるときにはやってしまうのですね。

 しかし、イラクの「オシラク炉」攻撃のときと同様、やってしまったあと、口をつぐんでしまった。
 アメリカもひたすら「沈黙」(15日付け、タイムズ紙)を守っている。

 なぜ、ブッシュ政権が「幕引き・沈静化」に動いているかというと、この問題に突っ込んで行くと、「北朝鮮」を追い詰めることになり、せっかくの「核(開発の)放棄」、朝鮮半島の「非核化」構想が台無しになってしまうからです。

 その一方で、イラクで泥沼にはまり込んだブッシュ政権は、「イラン攻撃」で事態を「一点突破」したいと考えている。
 そこに「イスラエル」を絡ませるのは、中東・アラブ世界の対米感情をますます悪化させることになるので、なんとしても避けたい……こんな思惑があるからです。

 それにしても、「国際政治」って何といい加減で、ムシのいいものなんでしょう。
 「現実政治」といえば聞こえはいいが、結局は「ご都合主義」。

 アメリカは「イランの核」を問題にし、イラクのサダムの「大量破壊兵器」を問題にしましたが、同国のイスラエルの「核武装」は認めている。

 この「シリアの北朝鮮原子炉」問題について、「唯一の被爆国」である日本政府もまた沈黙を守っています。
 事実とすれば、「北朝鮮による核の輸出」問題なわけですから、日本政府として、事実関係を究明するなり、北朝鮮、シリア側に説明を求めるなり、少しは何とかするのは当然のことです。

 でも、日本もまたアメリカの顔色をうかがって、首を縮こませているばかり。
 日本の「非核外交」はどこに行ったのか、と、情けない限りです。

Posted by 大沼安史 at 09:00 午前 1.いんさいど世界 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 シリアの「核」施設をイスラエルが空爆 北朝鮮の「原子炉」 ブッシュ政権「幕引き」工作: