« 〔いんさいど世界〕 ゴア氏 初代「環境」大統領の可能性 ノーベル平和賞を受賞 「環境保護」 全人類的政策課題に | トップページ | 〔ビルマから〕 負傷者を病院から拉致 全学連のコ・コ氏は無事 軍当局 インタネット接続を「解禁」 夜間外出禁止時間を短縮 »

2007-10-15

〔ビルマから〕 国営紙 社説で長井健司さんを非難 「自ら危険を招いた」

 ラングーン(ヤンゴン)発のAP電によると、軍政当局による国営紙、「ミャンマーの新しい光」は10月14日の社説で、「日本人ジャーナリストが抗議者の中にいた事実が危険を招いた」と主張した。
 
 軍政の意向を代弁して同紙は、長井健司さん射殺について、その責任を認めるどころか、「観光客のように振舞っていれば、悲劇的な結末の合わずにすんだはずだ」などと、観光ビザで入国していた長井さんを非難している。
 


http://www.usatoday.com/news/world/2007-10-14-burma-japanjournalist_N.htm

Posted by 大沼安史 at 05:00 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ビルマから〕 国営紙 社説で長井健司さんを非難 「自ら危険を招いた」: