« 〔ビルマから〕 軍政 JICA(国際協力機構)や国連事務所のパソコン・データを狙う 反体制派弾圧の情報収集か | トップページ | 〔ビルマから〕 スーチー女史、軍政の懐柔を拒絶 軍政による拘束者6000人にも 当局がカテゴリー分け 反体制詩人の妻を連行 »

2007-10-09

〔ビルマから〕 中国が拒否権再発動なら北京五輪ボイコット呼びかけ 地下抵抗組織が声明を発表 拘束者ら移送される 移送先不明 軍政の国営紙 「もぐりの僧」が扇動 寺院で武器やポルノ発見と「報道」

■ DVB(ビルマ民主の声)が10月8日、報じたところによると、ビルマ民主化運動の地下組織、「民衆運動指導委員会」は声明を発表、中国政府が国連安保理でビルマ制裁で再び拒否権を発動したら、北京オリンピックのボイコットを呼びかけることを明らかにした。

■ DVBが目撃者の証言として伝えたところによると、インセインの国立工科大学に拘束されていた人びとが10月3日午後11時過ぎ、トラックで移送された。移送先は不明。

 別の目撃う証言では5日夜にも僧たちがトラックに乗せられ、工科大学を出発した。

■ DVBが8日報じたところによると、軍政の国営紙、「ミャンマーの新しい光」は、民主化運動を「もぐり僧」による扇動だと非難する記事を掲げた。
 寺院では武器やポルノ、アルコールなどを発見、押収した、としている。

 これに対して「民衆運動指導委員会」スポークスマンは、「軍政が言っていることが真実かどうか、世界は知っている」と、軍政による悪宣伝を一蹴した。


http://english.dvb.no/news.php?id=525

http://english.dvb.no/news.php?id=523

http://english.dvb.no/news.php?id=524

Posted by 大沼安史 at 07:56 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ビルマから〕 中国が拒否権再発動なら北京五輪ボイコット呼びかけ 地下抵抗組織が声明を発表 拘束者ら移送される 移送先不明 軍政の国営紙 「もぐりの僧」が扇動 寺院で武器やポルノ発見と「報道」: