« 〔NEWS〕 S・ハーシュ記者が深層レポート ブッシュ政権 対イラン攻撃計画を練り直し 革命防衛隊の殲滅に力点移す | トップページ | 〔NEWS〕 ミャンマー 1700人が工科大学旧校舎に拘束 日本政府は東京新聞通信員 ウィン・ザウ氏を救出せよ! »

2007-10-02

〔コラム 机の上の空〕 ミャンマー 将軍たちのゴルフ場

 英国のジャーナリスト、ジョージ・モンビオ氏がガーディアン紙に、ミャンマーの僧を支援するさまざまなアイデアを書いていた。

 ミャンマーに権益を持つ国家、企業、事業家に圧力をかけ、軍の圧制に歯止めをかけようという提案である。

 ことし1月、中国政府はミュンマーでの人権抑圧を非難する決議に拒否権を行使したが、これに対し、モンビオ氏は北京五輪のボイコットをちらつかせて、こう脅しをかける。

 「もし西側諸国が北京五輪をボイコットしたら、それは中国にとって1989年(の天安門事件)以来の最大の政治的危機になるだろう」と。

 モンビオ氏は、「世界議会」の創設など、グローバルなガバナンスの提唱者として知られるが、中国をこうさりげなく威嚇してみせるあたり、なかなかの胆力の持ち主である。

 氏はさらに、ミャンマーでビジネスを展開する、天然ガス・石油会社の「アクアティック」社などに電話をかけまくり、コメントを得ようとした努力の結果を紹介している。

 ガチャンときられたことも。

 それでも負けない、しつこさがいい。

 結局、断られまくるが、断られたことが意味を持ち、事実として読者のわれわれに迫ってくる。

 ミャンマーには日本の商社なども進出しているそうだが、日本のマスコミも氏に見習って、コメントを求めてはどうか?

 モンビオ氏は、ミャンマーから撤退した企業についても紹介している。スポーツ・シューズの「リーボック」社がそうだ。

 「リーボック」のCEOいわく。「体制が人権を抑圧しているとき、取引することは適切ではない」。

 ミャンマーでは軍政に取り入らないと仕事ができないのである。

 モンビオ氏の筆の矛先は、元ゴルファーのゲイリー・プレーヤー氏(南ア)にも向かう。

 プレーヤー氏はミャンマーに、ゴルフ場をつくったそうだ。650エーカーの水田を潰して。

 ミャンマーのゴルフ場は、なぜ問題か?
 それは軍事独裁政権の将軍たちのためのゴルフ場だからだ。
 ミャンマーではゴルフは特権階層の遊びである。

 モンビオ氏は、こう指摘する。
 プレーヤー氏は来月、「ネルソン・マンデラ記念招待ゴルフ大会」を開く予定だが、マンデラ氏は名前を使われるのを考え直すべきではないか、と。

 ミャンマーには、プレーヤー氏がつくった以外にも、ゴルフ場がいくつかあるという。ピーナツ畑を潰したりしてつくったコースだ。

 その緑の上で、日本の企業関係者らも、将軍たちと接待ゴルフを続けて来たのだろうか?

 事実としたら、嘆かわしいことである。 
  


http://www.guardian.co.uk/commentisfree/story/0,,2181658,00.html

http://www.monbiot.com/archives/2007/10/02/the-juntas-accomplices/

Posted by 大沼安史 at 06:25 午後 3.コラム机の上の空 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 ミャンマー 将軍たちのゴルフ場:

» 「ミャンマー」政府へのカメラ返還要求は当然のものだ トラックバック そらねっと通信局
Invalid Text彼が死の瞬間に至るまで手にしていたカメラ、これは「その場で何が起こったのか」を証明する一番の手段だ。 これがもし失われていたとしたら、故意にしろ偶然にしろ、「事実の隠蔽」になる。 昼間、についてのmixi日記でのコメントを見て、このあたりのことが全然分かってない人が多かったように感じた。 民衆の生活そっちのけの贅沢三昧については「机の上の空 大沼安史の個人新聞: 〔コラム 机の上の空〕 ミャンマー 将軍たちのゴルフ場」その一端が記されているし、その状況を端的にまとめたわかりや... 続きを読む

受信: 2007/10/03 1:06:36