« 〔NEWS〕 韓国人慰安婦が見守る中、米下院「公式謝罪要求」決議 賛成議員 日本の対応、「吐き気がする」と非難 | トップページ | 〔重要NEWS〕 巣鴨釈放:「いまや、われわれは民主主義者だ」、「復活」のお披露目はCIA高官との歌舞伎座そろい踏み、エージェントの情報で国会での「反乱」を阻止 CIAに「恒久支援」を求める CIAに金で買われた岸信介首相 賀屋興宣氏も手先に ニューヨーク・タイムズ紙のティム・ワイナー記者(ピュリッツアー賞受賞記者)の近著、『灰の遺産 CIAの歴史』で暴露 »

2007-08-04

〔イラクから〕 パトリック・コバーン記者 イラク国内難民キャンプをルポ 殺戮を逃れ流入 悪臭のなかの安全 

 英国のジャーナリスト、パトリック・コバーン記者(インディペンデント紙特派員)が、イラク国内の難民キャンプに入り、ルポを書いた(電子版、7月30日付け)。

 悪臭の立ち込めた、にわかづくりのスラムだそうだ。
 地元の当局が、難民に定住されるのを恐れ、トイレを掘ることを禁じているのだという。

 97家族、470人が住む、イラク北部、スレイマニアの「カラワル難民キャンプ」。そのほとんどが、スンニ派の人びとだ。バグダッドやヒラ、ディヤラから逃れて来た。

 バグダッド市内西部、サーディヤー区を脱出して来た人が多い。7月半ばまでの1ヵ月間に、84人の死体が回収されたところだ。犠牲者の大半は若い男性で、拷問を受け、縛られていた。

 サーディヤーから来たひとり、38歳の男性は11ヵ月前からキャンプで暮らしている。
 コバーン記者が話を聞いていると、横にいた人が黙って死亡証明書を差し出した。男の息子の死亡証明だった。

 男性はカラワルの「市長」だった。難民たちは、国際赤十字社の食糧と水で生きている。「ここは少なくても安全だから」と、「市長」は言った。

 電気も水道も煮炊きする油もないスラム。強烈な真夏の光の下、汚物と物の腐った臭いが漂うキャンプ。

 コバーン記者のルポを読むと、難民たちの過酷な生活ぶりが感覚的にも伝わって来る。

 現地にはスペインの市民団体が入って、移動診療所の運営を後押しする活動を続けているそうだ。

 コバーン記者によれば、イラクでは1日平均、2000人が家を捨てて難民化している。7人に1人、400万人が難民となり、半数が国外に流れ、半数がイラク国内にとどまっている。
 
 イラクの難民にとって、ことしの夏はさらに「酷暑」である。
 

http://news.independent.co.uk/world/middle_east/article2816666.ece

Posted by 大沼安史 at 06:18 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 パトリック・コバーン記者 イラク国内難民キャンプをルポ 殺戮を逃れ流入 悪臭のなかの安全 :