« 〔イラクから〕 サッカー・アジア杯 「メソポタミアの獅子」が制覇 イラク・チーム主将 優勝インタビューで「アメリカは出て行け」 | トップページ | 〔イラクから〕 パトリック・コバーン記者 イラク国内難民キャンプをルポ 殺戮を逃れ流入 悪臭のなかの安全  »

2007-07-31

〔NEWS〕 韓国人慰安婦が見守る中、米下院「公式謝罪要求」決議 賛成議員 日本の対応、「吐き気がする」と非難

 米下院は7月30日の本会議で、従軍慰安婦問題で安部首相に公式謝罪を求める決議案を採択した。
 
 ロイター電によると、下院本会議場には韓国人元慰安婦のヨン・スー・リーさんが傍聴に駆けつけ、議事を見守った。

 決議案を提出した日系アメリカ人のマイク・ホンダ議員は「本日、米下院は日本政府に対し、慰安婦たちがこうむった不尊厳(indignity)に対し、紛れなく曖昧さのない公式を謝罪を行うべきである、とのメッセージを送る」と語った。

 AP電によれば、決議を支持したトム・ラントス議員(カリフォルニア、民主)は、「歴史を歪め、否定し、犠牲者に非難を押し付けるゲームを行った」日本の一部の者たちの企てについて「吐き気がする」と表現した。

〔大沼 解説コラム〕 ムカつく?日本 または ジャパン ヴァミッティング?                          ( Japan, Vomiting? )

 ラントス議員の「吐き気がする」の原語は“nauseating”である。「反吐(へど)が出そう」と訳した方がいいかも知れない。

 下院での決議を前に、日本の加藤・駐米大使が下院関係者に、慰安婦決議をしたらイラク復興支援を見直す、との「脅しの書簡」を送っていたことが、ワシントン・ポスト紙に暴露された(本ブログ既報)。

 また、日本の国会議員らがワシントン・ポスト紙に出した意見広告では、終戦後、占領軍が慰安所の開設を日本側に要望した、と指摘し、お互い様じゃないか、とも言いたげな、こすからさ、醜悪さを「全面広告」してしまった(本ブログ既報)。

 この「指摘」について、米下院当局ではすでに調査に入っており、「客観的な文書による証拠」が発見されず、逆に日本側が一般婦女子の貞操の「防波堤」として特殊慰安所を開設していたことがバレたりすると、事態がさらに複雑化するのは必至である。何らかのかたちで訴訟が提起されないとも限らない。

 こういう、安部政権と一部日本側関係者のあさましい対応に、「反吐を吐きたくなる」のは、ラントス議員だけではなかろう。日本人であるわたしもまた、むかついて仕方がない。

 参院選で日本人は「美しい国」に「ノー」と言った。
 「慰安婦」問題は、マロニエの根よりも雄弁に、嘔吐感を誘いながら、「戦後レジーム」からの慌しい「脱却」の意味を問うている。  


http://www.nytimes.com/reuters/washington/politics-japan-usa-sexslaves.html

http://www.nytimes.com/aponline/us/AP-US-Japan-Comfort-Women.html 

Posted by 大沼安史 at 08:48 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 韓国人慰安婦が見守る中、米下院「公式謝罪要求」決議 賛成議員 日本の対応、「吐き気がする」と非難:

» 30日に採択された「慰安婦決議案」に関する報道、声明など トラックバック 歴史に刻む
(NEWSISより) とりあえず関連リンクだけ上げておきます。 後日この件に関するまとめの記事をあげる予定です。 続きを読む

受信: 2007/07/31 21:34:39

» 従軍慰安婦決議、米下院本会議で採択 〜最大の功労者は安倍晋三ら「日本会議」の諸君〜 トラックバック ザ・のじじズム
米下院が従軍慰安婦決議を採択(asahi.com)と言うニュースが流れていましたが、今回のこの決議案がアメリカ議会の本会議で可決されたという一番の功労者は、やはり日本会議の面々でしょうね。安倍晋三の「狭義の強制は無かった」発言、「慰安婦強制...... 続きを読む

受信: 2007/08/01 0:52:26