« 〔いんさいど世界〕 破局に近づく温暖化 世界の屋根 エベレストからの警告 | トップページ | 〔NEWS〕 英雄 パット・ティルマン“殺し” ホンダ議員ら ラムズフェルド前国防長官らを喚問要求  »

2007-07-17

〔NEWS〕 対イラン軍事力行使にシフト ブッシュ政権 チェイニー副大統領の勝利

 英紙ガーディアン(電子版)が7月16日に報じたところによると、米国のブッシュ政権内部で、対イラン軍事力行使を唱えるグループが内部討議で勝利を収めた模様だ。

 イラン各施設への攻撃に積極的なチェイニー副大統領の影響力が政権内の意見をシフトさせた。慎重派の国務省は敗北したらしい。

 ブッシュ政権の終焉まであと1年半。

 米軍による対イラン軍事力行使が現実の問題として懸念される事態となった。


http://www.guardian.co.uk/frontpage/story/0,,2127343,00.html

Posted by 大沼安史 at 12:55 午後 1.いんさいど世界 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 対イラン軍事力行使にシフト ブッシュ政権 チェイニー副大統領の勝利:

» 問題発言だけじゃない。あの日本アムウェイの諮問委員も務める奥谷禮子 トラックバック 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
「祝日の一切をなくすべき」、「労働者を甘やかし過ぎ」、「労働基準監督署は不要」――こんな“問題発言”を連発し、最近、物議を醸しているのは人材派遣会社「ザ・アール」の奥谷禮子代表。 インターネット取引するならマネッ... 続きを読む

受信: 2007/07/17 13:15:57

» <英外交>英メディアが伝える変化の「兆し」/対米追従から多国間主義へ  トラックバック どこへ行く、日本。(安倍の「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を日本国民は許してしまうのか)
先月発足した英国ブラウン政権が「ブッシュの“プードル”」とまで嘲笑されたブレア前政権の対米追随外交を転換するかどうかが、いま英メディアでは注目されている。 ブラウン首相は最初の外国訪問先にアメリカではなくドイツを選び、メルケル首相と会談するが、訪米してブッシ... 続きを読む

受信: 2007/07/17 17:59:12

» 対イラン軍事力行使にシフト ブッシュ政権 チャイニー副大統領の勝利 トラックバック 内申書制度の廃止を求めます
大沼さんが英紙ガーディアンから抜き出してくださっています。 対イラン軍事力行使にシフト ブッシュ政権 チャイニー副大統領の勝利 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/07/post_1051.html (机の上の空 大沼安史の個人新聞) ... 続きを読む

受信: 2007/07/18 14:41:05