« 〔NEWS〕 「ウォーターゲート事件」暴露のカール・バーンスタイン ヒラリー「立志伝」の虚偽暴く 調査報道による大著 6月中旬 出版へ | トップページ | 〔NEWS〕 「新世界経済秩序」への胎動 ベネズエラのチャベズ大統領 IMF・世銀離脱を宣言 最後の外資石油プロジェクトを国営化 »

2007-05-02

〔NEWS〕 安部首相、クウェートの空自隊員に“最高司令官”として訓示 同行FT紙東京特派員が報道

 安部首相の中東歴訪に同行取材している、フェイナンシャル・タイムズ紙のデービッド・ピリング東京支局長は同紙電子版(5月1日付け)に、「安部 “平和主義”軍隊の指揮を執る」とのタイトルの記事を載せた。

 クウェート・アリ・アルサレム基地発の特電で、安部首相が日本時間の1日午後、同基地を訪れ、イラクへの空輸活動にあたる航空自衛隊員を前に訓示した模様を報じた。

 このなかでピリング支局長は、「日本は陸海空軍を持つことを憲法で禁止されているが、最高司令官を持ってはならないとは誰も言っていない」と指摘したうえで、安部首相は自衛隊員に感謝の意を伝えるなかで、自らを「最高司令官」としてみせた、と報じた。

 海外で活動する空自隊員に首相が訓示したのは、これが初めて。

 記事のなかでピリング支局長は、米政府の元アジア問題アドバイザー、マイケル・グリーン氏の、「安部は祖父(岸信介)ができなかったことをしたいのだ」との指摘を紹介している。

 
(大沼・注)
 ピリング記者は下記の記事を書いた日本の同行記者たちとは違った視点で、「安部首相 クウェート空自訓示」をとらえている。

 ピリング記者の見方はあたっているような気がする。安部首相は中東で「日本軍最高司令官」としてのデビューを果たした気でいるのだ。

 それにしても、「イラクの青藍(せいらん)の天空を貫き……」(北海道新聞)には参った。
 安部首相は青藍の天空の下で、どれだけ犠牲の鮮血が流れているか知っているのだろうか?

■ 北海道新聞(電子版) : 首相は約二百人の隊員を前に訓示し、「五百回近くに上る運航を無事故で達成できたのは、全隊員が一丸となった努力のたまものである」と強調。「おのおのの努力の積み重ねが内外からの高い評価につながっている」とたたえ、「イラクの青藍(せいらん)の天空を貫き、わが国の代表として復興に引き続き大きく貢献してくれると確信している」と激励した。

■ 朝日新聞(電子版) : 首相は、C130輸送機の前に整列して迎えた隊員らに対し、「イラクにおける治安情勢は依然として厳しく、特にバグダッドをはじめイラクへの運航は予断を許さない。500回近くにのぼる運航を無事故で達成できたのは、全隊員が一丸となった努力のたまものだ」と訓示した。  


http://www.ft.com/cms/s/94b13086-f805-11db-baa1-000b5df10621.html

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/23703.html

http://www.asahi.com/politics/update/0501/TKY200705010401.html

Posted by 大沼安史 at 01:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 安部首相、クウェートの空自隊員に“最高司令官”として訓示 同行FT紙東京特派員が報道:

» 明月さんの提案された「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」についての当ブログの見解 トラックバック エクソダス2005《脱米救国》国民運動
耐震強度偽装事件などを追求して鋭い分析力を発揮しておられる《反戦な家づくり》の明月さんから提起された『【緊急】賛同ブロガー募集!「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」』というアクションについての当方の見解をまとめておきたい.私自身,筋金の入った『護憲論者』のつもりであるし,現時点においては現行憲法の一字一句たりと言えども変えてはならない,むしろ今必要なのは現行憲法を文字通り実現することであり,日本国憲法の精神を全世界に広めてゆくことであると考えているので,軍事最高司令官を自称する現アベ... 続きを読む

受信: 2007/05/21 21:21:25