« 〔NEWS〕 波紋広げる従軍慰安婦「証拠なし」の安部首相発言  日本政府 1993年「河野官房長官談話」否定を準備 ニューヨーク・タイムズ紙が報道 中山〔訂正〕議員が「業者運営の大学の学食」衝撃発言 | トップページ | 〔For the Record〕 「15歳でわたしの心は死んだ」「世界に向かって叫びたかった……」 元「従軍慰安婦」3人が豪シドニーで「生き証人」として「客観的事実」を証言  ニューヨーク・タイムズ紙のオオニシ東京支局長が現地取材で報道 »

2007-03-08

〔For the Record〕 「慰めにもならない」 ニューヨーク・タイムズ 「従軍慰安婦」問題で社説

 ニューヨーク・タイムズ紙は3月6日、「No Comfort(慰めにもならない)」との見出しで、安部首相の「従軍慰安婦」問題発言に対する社説を掲げた。

 本日(8日)付け朝日新聞(朝刊)によれば、外務省はニューヨーク・タイムズ紙に「ニューヨーク総領事による反論文の掲載を求める」という。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「安部首相」に対してコメントしているのだから、外務省の出先の小役人の出る幕ではあるまい。

 ほんとうにその気なら、首相自ら、堂々と「反論文」を突きつけるべきだ。
 首相名の反論文であれば、ニューヨーク・タイムズ紙としても掲載を検討するだろう。

 1993年の「河野談話」を白紙に戻したい自民党の議員連盟は、ニューヨーク・タイムズ紙に全面意見広告でも出したらどうか!
 

 ともあれ、以下に、タイムズ紙の「社説」全文を非公式訳(拙訳)で紹介する。
              
                  *

                     慰めにもならない

 「日本軍性奴隷」という言葉のそのどこが、日本の首相、安部晋三をして、理解と謝罪をそれほどまでに困難なものにしているのだろう?

 そこに横たわる諸事実はかねがね、真剣な議論を超えた(疑う余地のない)ものになっている。第二次世界大戦中、日本の軍隊は、朝鮮のような植民地から駆り出した女性たちが、日本兵に性的なサービスをすることを期待する場所を開設していた。

 それらは商業的な売春宿ではなかった。女性たちのリクルートには、むき出しのものであれ、暗黙のものであれ、力(フォース)が行使された。その場所で続いたことは、売春ではなく連綿たるレイプだった。それに対する日本軍の関与は、ほかならぬ政府自身の防衛史料ファイルのなかに記録されている。東京のある高官(訳注:河野官房長官)は1993年に、この恐るべき犯罪に対し、多少なりとも謝罪している。犠牲者たちを補償金を出す(そのとき設立された)非公式の基金(訳注:アジア女性基金)は、今月末をもって終了することになっている。

 そして安部氏は、もうこれで、この問題を終わらせてしまいたい、と思っている。先週、彼は犠牲者たちが強制された証拠はないと主張した。昨日、彼は渋々、1993年の、謝罪もどきを追認したが、それはあくまで、現在、連邦政府下院にかかっている公式謝罪を求める呼びかけを日本政府が拒絶する、先制攻撃の一部として、である。アメリカだけが、日本が遅ればせながら全責任を引き受ける姿を見たいと思っている国ではない。韓国も中国も長年にわたって、この問題に関する日本のあいまいな言い方(エキヴォケーション)に怒りを覚えて来た。

 安部氏は日本の傷ついた国際的な評判を修復することよりも、この恥ずべきエピソードのすべては、健康的な(ヘルシーな)民間事業の一事例であるとする自民党内右翼大派閥にアピールすることに気を遣っているようだ。政権党のひとりの議員は日本軍の罪を晴らそうとするお門違いの熱情に駆られ、大学が学生食堂(カフェテリア)を民間企業にアウトソーシングしているとの、とんでもないアナロジー(類同)を示唆さえしている。

 日本は、真実を歪めようとすれば、不名誉をこうむるだけである。

 1993年の声明は削ぎ落とすのではなく、拡大すべきである。日本の議会は率直な謝罪を表明し、生存する犠牲者に対し寛大な公式補償を行うべきだ。日本の政治家たちは、安部首相自ら率先して、恥ずべきを過去を克服する最初の一歩は、まず事実を承けいれることであると、認めるときである。

                    *

 米下院の「従軍慰安婦問題」決議(案)にしても、1993年の河野談話を否定する動きが出ていることに対する怒りと反発がその背景にある。そしてそれは決議案のなかに明示されている。

 「拉致」問題を「解決済み」と言い張る北朝鮮と、「慰安婦」問題は「もう謝らない」と言い張る安部政権。
 
 まるで鏡に映し出したような似たもの同士ではないか!                


http://www.nytimes.com/2007/03/06/opinion/06tues3.html?_r=1&oref=slogin
 

Posted by 大沼安史 at 09:10 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔For the Record〕 「慰めにもならない」 ニューヨーク・タイムズ 「従軍慰安婦」問題で社説:

» 【オニでも】「真実を知って」〜88歳の生き証人が語る【ムリ】 トラックバック ronde-belle
ttp://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005450  「知られていない」  「知ってほしい」  近藤一さんは、この言葉を何度も繰り返した。時には歯がゆそうに拳(こぶし)に力を込め、時には声を詰まらせて……。  2月17日、映画『ガイサンシーとその姉妹たち』完成披露上映会のイベントとして、記念シンポジウムが東京都内で開催された。近藤さんは作品の出演者であり、シンポジウムに招かれたゲストスピーカーだ。   ・・・ ... 続きを読む

受信: 2007/03/08 22:12:40