« 〔NEWS〕 米軍の対イラン攻撃 核施設だけでなく軍事施設もターゲットに BBCが報道 | トップページ | 〔NEWS〕 ● 教育再生、日本再生 マニフェスト小説  『緑の日の丸』 発売開始!! ●  »

2007-02-21

〔For the Record〕 「日本人を許す、しかし決して忘れない」「安部首相は公式謝罪を」 オランダ人「従軍慰安婦」、米下院公聴会で証言 

 戦時中、旧オランダ領・インドネシアのジャワ島で、日本軍によって「従軍慰安婦」とされたオランダ人女性(現在オーストラリア在住)、ジャン・ラフ・オヘルンさん(84歳)が2月15日、米国・ワシントンの米連邦議会下院外交委員会アジア・太平洋・地球環境小委員会の公聴会で、他の韓国人「慰安婦」2人とともに証言した。
 
 下院には日系議員のマイケル・ホンダ氏(カリフォルニア選出、民主)らが、「従軍慰安婦」問題について日本政府に「ごまかしのない公式の謝罪」と「歴史的な責任」の引き受けを求める決議案を出している。

 この決議案について日本の麻生外相は19日の衆院予算委員会の質疑で、「決議案は、客観的な事実に全く基づいていない」と答弁、「事実無根」を公式に表明している。

 以下、オヘルンさんの「証言」を、拙訳で紹介する。

 麻生外相は、彼女の証言を知ったうえで国会答弁をしたのだろうか?

 外務省の役人の「メモ」を読み上げただけのことではなかったのか?

 恥ずかしくもあり、悲しくもある。

 ああ「美しい国」、日本!!

 ■ オランダ人元「従軍慰安婦」 ジャン・ラフ・オヘルンさん(84歳)の証言

 
 ファレオマベエンガ議長、そして小委員会の委員の皆さん:
 
 「従軍慰安婦」の悲惨さに関する、こうした公聴会を開いていただき感謝申し上げます。わたしは、他の2人の生存者である、「日本軍用性奴隷として徴用された女性たちのための韓国評議会」の李容珠(イ・ヨンス)さんと、「韓米交流教育委員会」の金君子(キム・クンジャ)さんとともに、今日皆さんの前で、わたしたちの体験談を分け合うことを喜びとするものであります。

 わたしはまた、「下院決議案121号」を提案したマイケル・ホンダ下院議員に対しても感謝申し上げたい。その決議案は、日本政府に対し「公式かつ明確な」謝罪と「歴史的な責任を取る」ことを要求しているものであります。そしてわたしは、わたしたちに正義が訪れる希望のなかで、世界に対して体験を物語ることができるよう、生き証人として招いてくださったファレオマベエンガ議長に感謝致します。

 ひとりの女性としての戦時中のわたしの体験は、人間としての尊厳を完璧に踏みにじるものであり、恥辱であり、耐えがたい苦痛であります。第2次大戦中、わたしは日本軍の、いわゆる「従軍慰安婦」になることを強制させられました。「従軍慰安婦」とは、性の奴隷をごまかした呼び名であります。

 わたしは1923年に、オランダ領東インド(現在のインドネシア)のジャワで、オランダ人入植一家の第4世代として生まれました。わたしはサトウキビの農園で育ち、最も素晴らしい少女時代を過ごしました。わたしはカトリックの学校で教育を受け、ジャワのセマランにあったフランシスコ派の教員大学を卒業しました。

 わたしが19歳だった1942年に、日本軍がジャワに侵攻して来ました。わたしはそれから3年半、数千人の(オランダ人)婦女子とともに、日本の駐屯地刑務所(prison camp)に閉じ込められたのです。日本の駐屯地刑務所でオランダ人女性たちの受けた恐怖、残虐行為、苦痛、飢餓に関しては多くの証言が語られています。しかし、ひとつの物語だけは決して語られることはありませんでした。第2次大戦中、日本人によって行われた最も恥ずべき人権侵害の物語:すなわち「従軍慰安婦(Comfort Women)」、ジュウグン・イアンフ(jugun ianfu)の物語がそれです。これらの女性たちがどのようにして、自分の意志に反し強制的に身柄を拘束され、日本帝国の軍隊のために性的サービスを強制されたかの物語です。

 わたしが駐屯地刑務所で拘束されて2年が経った1944年のことです。日本軍の高官たちが駐屯地にやって来ました。そしてこう命令しました。17歳以上のすべての独身女性は、駐屯地内に整列しろ、というのです。将校たちはわたしたちに向かって歩いて来ました。選別作業が始まったのです。彼らはわたしたちの列を行ったり来たりしながら、上から下までじろじろ見ました。わたしたちのからだや脚を見たり、指でわたしたちのあごを引き上げたりしました。そして10人を選び出したのです。そのなかにわたしも含まれていました。わたしたちは連行されたときと同様、小さなバッグひとつで、来るよう命令されました。駐屯地で拘束されていた全員が抗議しました。わたしたちの母親たちはわたしたちを取り戻そうと懸命でした。わたしは再会がかなうものかも知らず、母親と抱き合いました。わたしたちは軍用トラックに放り込まれました。わたしたちは恐ろしくて、バッグにしがみつき、互いに身を寄せ合いました。

 日本軍のトラックは、サマランの町の、オランダの植民者の大きな住宅の前でとまりました。車から降りろ、と命令されました。その家に入って、そこがどんな家なのかすぐに気づきました。日本の軍人のひとりがわたしたちに言いました。わたしたちは日本人に対して性的な楽しみを与えるためにここにいるのだと。その家は売春宿でした。

 わたしたちは声をあげて抗議しました。わたしたちは、自分たちの意志に反して無理矢理、ここに連れて来られたと言いました。彼らには、それをわたしたちにする権利はないことを言いました。それはジュネーブ条約に違反することであるとも言いました。しかし、彼らはわたしたちをあざ笑い、わたしたちを自分の思い通りにできるんだと言いました。わたしたちは日本人の名前をつけられ、ベッドルームのドアのところへ張り出されました。

 わたしたちはとても純潔な世代でした。わたしはセックスのことは何も知りませんでした。その売春宿の「オープニング・ナイト」の恐ろしい思い出は、わたしの人生のすべてを通し、わたしの心を拷問にかけて来たのです。わたしたちは食堂(ダイニング・ルーム)に行くよう命じられました。家中、日本軍の軍人だらけなのを見て、わたしたちは恐怖で身を寄せ合いました。わたしは祈祷書を取り出し、わたしたちを助けてくださいと、少女たちと一緒に祈りを捧げました。彼らはわたしたちを引きずり出し始めました。ひとり、またひとりと。ベッドルームから悲鳴が聞こえて来ました。わたしは食卓の下に隠れましたが、すぐ見つかってしまいました。わたしはその男と闘いました。力を振り絞ってキックしました。その日本軍将校は、わたしがすすんで自分を差し出さないことに、ものすごく腹を立てました。鞘から刀を抜いて、わたしに突きつけました。わたしを刀で脅し、わたしが言うことを聞かないなら殺すと言いました。わたしは部屋の隅で、もう逃げることのできない狩りで追い詰められた動物のように、からだを縮こませました。わたしは死ぬことを恐れていないことを彼に理解させました。わたしはすこしお祈りさせてくれるよう哀願しました。わたしが祈っている間、彼はわたしの服を脱がせ始めました。彼はわたしを殺す気はなかったのです。わたしに死なれてはよくなかったのです。

 それから彼はわたしをベッドに放り投げ、わたしの服を引き裂きました。かれは、ネズミをつかまえた猫のように、はだかのわたしの体の上に刀を走らせました。わたしはなお戦おうとしました。しかし、彼はわたしの上に乗って来て、わたしを重いからだで釘付けにしました。かれはわたしを最も残酷なしかたでレイプしました。わたしの顔を涙が伝いました。わたしは彼はいつまでもわたしを犯し続けると思いました。

 彼がようやく部屋を出ていくと、わたしのからだは震え上がりました。服をかき集め、バスルームに逃げ込みました。そこでわたしは、数人の少女と会いました。わたしたちはみんなで泣きました。わたしたちは完全にショック状態でした。バスルームでわたしは、わたしのからだから汚れと恥辱を洗い去ろうと懸命になりました。とにかく、洗い去ってしまおう。しかし、夜は終わっていませでした。ほかの日本人たちが待っていたのです。夜通し続きました。しかし、それは始まりに過ぎませんでした。来る週も来る週も、来る月の来る月も。

 その家は完璧に警備され、逃げることは出来ませんでした。わたしはときどき身を隠しましたが、いつも見つかり、自分の部屋に引き立てられました。わたしは(身を守るため)何でもしました。髪を全部切り落としました。丸坊主になりました。醜くなれば、だれもわたしを欲しがらなくなると思ったからです。しかし、逆にそれがわたしを関心の的にしてしまいました。彼らはみな、髪を切ったわたしを求めるようになったのです。逆効果でした。

 日本人は誰ひとりとして、わたしの抵抗を受けずにわたしをレイプできませんでした。わたしは全員と闘いました。そのため、わたしは繰り返し殴打されました。いわゆる「慰安所(Comfort Station)」でわたしは日夜、組織的な殴打とレイプを受けていたのです。わたしたちの性病を検査に来る日本人の軍医たちも、毎回かならずわたしをレイプしました。それどころかわたしたちをさらに辱めるため、検査の最中、ドアを開け放しにして、検査されているわたしたちの姿を日本人たちに見せたのです。

 「慰安所」にいる間、日本人たちはわたしを弄び、辱めました。わたしは引き裂かれ、バラバラにされたからだで、放置されていました。日本の兵士たちは、わたしの若い命を台無しにしたのです。わたしの全てを奪い去りました。わたしの若さを、わたしの尊厳を、わたしの自由を、わたしの所有物を、わたしの家族を奪い去ったのです。しかし、ひとつだけ、かれらが奪う去ることのできないものがありました。それはわたしの信仰と神への愛でした。これだけはわたしのものであって、だれもわたしから奪い去ることはできない。わたしが、日本人がわたしにした全てのことを生き延びることができたのは、深い信仰があったからです。

 わたしは日本人たちがわたしにしたことについて、彼らを許しています。しかし、わたしは決して忘れることができないのです(I have forgiven the Japanese for what they did to me, but I can never forget.)。50年間、「慰安婦」たちは沈黙を守り続けて来ました。彼女たちは汚辱にまみれた、恐ろしい恥辱を生きたのです。こうした女性たちの台無しにされた人生が人道問題となるのに、50年という歳月がかかったのです。

 「従軍慰安婦」にとって、戦争は決して終わらなかった。わたしたちはなお悪夢を見続けているのです。わたし自身、戦争が終わったあと、からだを元通りにするのに大手術を受けなければなりませんでした。

 1992年に韓国の「従軍慰安婦」たちが沈黙を破ってくれました。キム・ハクスンさんは最初に声を上げた方であります。わたしは韓国人の彼女たちが日本政府から、正義と謝罪と償いを求める姿をテレビで観たのです。わたしは彼女たちを支えようと決心しました。わたしは1992年12月、東京で開かれた、日本の戦争犯罪に関する国際公聴会で、わたし自身の沈黙を破り、第2次大戦における最悪の人権侵害のひとつである、忘れられたホロコーストを明らかにしたのです。

 わたしは過去15年にわたって、オーストラリアや諸外国で生きる「従軍慰安婦」たちの悲惨や、戦火のなかにある女性たちのため、倦むことなく活動して参りました。いまや、時間は限られています。60年後のいまこそ、「従軍慰安婦」に正義は与えられるべきであります。「従軍慰安婦」たちは、日本政府から、安部晋三首相自身から公式の謝罪を受けるに価いするものであります。日本政府はその戦争犯罪に対して全責任を引き受けなければなりません。

 1995年、犠牲者に補償するため「アジア女性基金」がつくられました。この基金は、「従軍慰安婦」に対する侮辱であります。わたしを含む彼女たちは受け取りを拒否しました。基金は民間で基金であり、資金は日本政府からではなく民間の団体からのものであります。日本は自身の歴史と向き合い、戦時中の残虐行為を認める必要があります。日本人は過去の過ちにかんする正しい歴史を教えなえければなりません。

 「従軍慰安婦」が体験を証言することは重要なことであります。議長、そして小委員会の委員のみなさん、わたしの物語を分け合う機会をくださって感謝申し上げます。わたしは、公の場でお話することで、世界の平和と和解に貢献することができるとともに、女性に対する人権侵害が二度と起こらないことを望むものであります。

 ありがとうございました。


(米下院での証言)

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200702160339.html

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84702&servcode=400&sectcode=400

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/02/17/20070217000018.html

http://foreignaffairs.house.gov/110/faleo021507.htm

http://foreignaffairs.house.gov/110/hon021507.htm

http://foreignaffairs.house.gov/110/lee021507.htm

http://foreignaffairs.house.gov/hearing_notice.asp?id=763

http://foreignaffairs.house.gov/110/kot021507.htm

http://foreignaffairs.house.gov/110/soh021507.htm

http://foreignaffairs.house.gov/110/ohe021507.htm

http://foreignaffairs.house.gov/110/kim021507.htm

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84712&servcode=400&sectcode=400

(麻生外相答弁)

http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070219/skk070219001.htm

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/02/19/20070219000023.html

http://news.yahoo.com/s/afp/20070219/wl_asia_afp/japanuspoliticswwiiwomen_070219063607

(河野官房長官談話)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

(日本政府公式見解)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/ianfu.html

Posted by 大沼安史 at 02:19 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/13995431

この記事へのトラックバック一覧です: 〔For the Record〕 「日本人を許す、しかし決して忘れない」「安部首相は公式謝罪を」 オランダ人「従軍慰安婦」、米下院公聴会で証言 :

» 翻訳資料☆アメリカ下院<「従軍慰安婦」を巡る対日批判決議案>(上) トラックバック 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
font size=3ここに紹介するのは、アメリカの第110回議会第1会期(2007年)の下院外交委員会(the Committee on Foreign Affairs)で提案された「反日決議」:「所謂「従軍慰安婦」を巡る対日非難決議」font color=red(House of Representatives, 110th Congress 1st Session, Resolution 121, submitted on January 31, 2007)..... 続きを読む

受信: 2007/02/22 14:05:26

» 闘い続けるサバルタン トラックバック 彎曲していく日常
 闘い続けるサバルタンとは語義矛盾だろうか? いくら叫んでも聞き届けられないものがサバルタンであるのなら、サバルタンは闘い続けるしかない。 http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/02/for_the_record_c3ca.html 机の上の空 大沼安史の個人新聞: 〔For the Reco... 続きを読む

受信: 2007/02/22 21:13:57

» 従軍慰安婦問題を「救う会」「家族会」に聞いてみたい。 トラックバック ザ・のじじズム
元慰安婦、日本に謝罪要求=決議案審議で公聴会−米下院小委(Yahoo!/時事通信)と言うニュースが流れていましたが、このニュースは「救う会」と「家族会」にはどう聞こえるのでしょうか。== ここから転載 ===================....... 続きを読む

受信: 2007/02/22 21:15:24

» 「日本人を許す、しかし決して忘れない」「安部首相は公式謝罪を」 トラックバック 内申書制度の廃止を求めます
84歳の女性の証言です。 全文を大沼さんが訳してくださっています。 「日本人を許す、しかし決して忘れない」「安部首相は公式謝罪を」 オランダ人「従軍慰安婦」、米下院公聴会で証言  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/02/for_the_record_c3ca.html (机の上の空 大沼安史の個人新聞) ... 続きを読む

受信: 2007/02/26 8:31:56

» 米下院で証言した慰安婦達のおはなし トラックバック Let's Blow! 毒吐き@てっく
拘束力のない決議案なんだけど、なにやら、アメリカの新聞も喧(かまびす)しいようだ... 続きを読む

受信: 2007/03/12 3:04:21

» 今度は現役の駐日大使だ! 〜従軍慰安婦問題での安倍晋三の対応を批判〜 トラックバック ザ・のじじズム
「日本軍によるレイプは遺憾」=米大使、慰安婦問題で不快感(時事通信)には正直驚きました。なんてったって現役の駐日大使による、従軍慰安婦問題での安倍晋三の対応を批判する発言ですからね。== ここから転載 ===================米紙ニュー....... 続きを読む

受信: 2007/03/18 0:46:14