« 〔重要NEWS〕 イスラエルが対イラン核攻撃を準備 英紙サンデー・オブザーバー ナタンツなど3地点 通常爆弾投下後に核爆弾(バンカー・バスター)を使用 | トップページ | [NEWS] 米軍増派でバグダッドを分割支配 「ゲットー(外出禁止区域)」づくりに着手 »

2007-01-10

〔NEWS〕 「生薬」でも「派兵」でも、「戦争」には勝てず??? イラク増派、P・コバーン記者 ブッシュ大統領にアドバイス

 イラク問題をカバーする英紙インディペンデントのパトリック・コバーン記者が、イラク駐留米軍の増強を図ろうとするブッシュ大統領に、紙面でアドバイスしていた。

 いくら米兵を送り込んでも「平和」は来ないから、やめた方がいいという、親身(?)のアドバイスだった。

 コバーン記者は、ロバート・フィスク氏と並ぶ、インディペンデント紙の看板記者だが、フィスク氏同様、自分の足で歩き、自分の目で確かめる取材活動を続けて来た人。
 
 その報道の背景には「歴史」に対する深い知識があって、奥行きのある記事を書き続けている。

 そのコバーン記者の同紙電子版(1月8日付け)の記事を読んで、勉強させられた。
 コバーン氏によれば、いまのブッシュ大統領は150年前、英国と阿片戦争を戦った中国の皇帝とそっくりだという。

 皇帝は取り巻き側近のこう吹きまれ、安心しきっていたそうd。「大丈夫ですよ、陛下。中国は英国への大黄を輸出を全面的に止めていますから、そのうちやつら、集団便秘になって戦えなくなります」と。

 大日本帝国の「神風」に似た「大黄禁輸」ではあるが、米軍増派はその程度のものに過ぎないとコバーン氏は言う。ビロウついで言うならば、要するに、そんなことでは屁のつっかえにもならないってことだ。

 増派した米軍はバグダッドに展開するようだが、スンニ、シーア派ともそれぞれ戦闘意識は高揚しており、仮に米軍が個別の戦闘で勝利を収めたとしても、それは「殉教者」を大量に生み出すだけで、逆効果にしかならない、というのが、コバーン氏の見立てである。

 ところで筆者(大沼)は現在、コバーン氏の「イラク占領」という本を翻訳中だが、そこに面白い歴史的な比較が出ている。
 赤軍支配下のベルリン(1945年)と、米軍支配下のバグダッド(2003年)の比較である。

 赤軍は廃墟ベルリンの復興に成功したのに、なぜ米軍=アメリカはダメだったか?――とコクバーン氏は問題を提起する。

 ブッシュのワシントンはニューオルリーンズでもそうだったように、無能で腐敗している。
 その無能がいくら頭数をそろえたところで、無能は無能なのだ。

 負けを取り戻そうと、ここ一番の賭けに出たブッシュ大統領。が、結果は目に見えている。

 「裏目」に出るだけである。


http://comment.independent.co.uk/commentators/article2134847.ece  

Posted by 大沼安史 at 03:11 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 「生薬」でも「派兵」でも、「戦争」には勝てず??? イラク増派、P・コバーン記者 ブッシュ大統領にアドバイス: