« 〔NEWS〕 「イラク反戦」首都集会 主催者推定で「50万人」結集 | トップページ | 〔イラクから〕 米軍 バグダッド・ハイファ地区掃討 ヘクター・ライジャ軍曹の死 NYT紙が現場取材で報道 「殺られた! 一発の銃弾がすべてを変えた」 »

2007-01-31

〔イラクから〕 ナジャフのカルト集団への米軍の「大勝利」 実は巡礼者らの「大量殺戮」の可能性 カルト教団の隠蔽工作に利用か? P・コバーン記者が指摘

 イラク中部のシーア派聖地、ナジャフで1月28日、米軍とイラク政府軍が、シーア派宗教指導者の暗殺を企てたカルト集団を壊滅させた「大勝利」は、実は巡礼に来ていたシーア部族に対する「攻撃と大量虐殺」を糊塗する作り話である疑いが浮上している。

 英紙インディペンデントのバグダッド特派員、パトリック・コバーン氏が、権威あるイラク紙、「アザマン」などの報道を元に疑惑を指摘した。

 巡礼の部族の一団とともに殺戮されたとされるカルト集団「天国の戦士」は、たまたま現場近くに居合わせたことから戦闘に巻き込まれ、挙句の果ての事実の隠蔽工作に利用された公算が強い。

 イラク政府軍を支援していた米軍に殺戮されたシーア派の部族は、「ハワティム」族。アシュラの祭りを祝うため、200人が徒歩でナジャフを目指していた。族長は歩行困難なことからTOYOTAのセダンに乗り、徒歩の部族員と同行、28日午前6時ごろ、ナジャフの南約1.6キロ、ザルガ地区のイラク政府軍検問所に着いた。

 この巡礼の群れに対して、検問所の政府軍兵士が発砲したことから、銃撃戦となった。ハワティム部族は夜間の巡礼行進をして来たことから、自衛のため武装していた。
 ザルガに住む地元の部族、「ハザイル」のメンバーは戦闘を止めさせようとしたが、逆に銃撃されたという。

 政府軍兵士の要請で米軍のヘリが出動、1機が撃墜され、乗員2人が死亡(部族側は撃墜の事実を否定)。これが引き鉄になって米軍の攻撃が激化、翌29日午前4時ごろまでに、果樹園にいた部族のメンバーら120人が死亡した。(当局発表では263人が死亡、210人が負傷したとされている)

 現場のザルガ地区は、カルト集団とされる「天国の戦士」が本拠を置いており、このメンバーも巻き添えになったらしい。

 ハワティム族とハザイル族は、同じシーア派ながら、ナジャフを支配する一方、イラク政府の内務省を握る「イラク・イスラム最高革命評議会(SCIRI)」やダワ党と対立していたといわれる。

 イラク政府当局は現場を封鎖し、負傷者の報道陣との接触を禁じている。

 

http://news.independent.co.uk/world/middle_east/article2201103.ece

http://www.armytimes.com/news/2007/01/apwhathappenednajaf070130/

Posted by 大沼安史 at 09:14 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 ナジャフのカルト集団への米軍の「大勝利」 実は巡礼者らの「大量殺戮」の可能性 カルト教団の隠蔽工作に利用か? P・コバーン記者が指摘:

» イラク…米軍による虐殺、次々と…(虐殺の事実を隠蔽する情報操作) トラックバック にほん民族解放戦線^o^
画像 REUTERS/Jamal Saidi . Common Dreams News Center より http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/us_force_suppress_iraqi.htm 「誰がなんと言おうと増派なんだ!」と絶叫する指導者の政府のもと、米国世論と世界世論の反対を押し切って海兵隊を続々とイラクに送り込んでいるアメリカだが、非武装の市民600人が殺され、1000人以上が負傷した「ファルージャの大... 続きを読む

受信: 2007/02/11 1:27:32