« 〔NEWS〕 イラク出征拒否 ワタダ中尉 2月5日に米軍法廷開廷 裁判官 イラク戦争の合法性論議を拒否 ワタダ中尉 「声明」を発表 両親、ビデオで訴え 米軍現役兵ら「イラク撤退」を求め、連邦議会で要請活動 | トップページ | 〔NEWS〕 米軍の対イラン先制攻撃 空軍機、潜水艦、対艦ミサイルの壊滅目指す 大規模攻撃の恐れ、元国務省アナリストが警告 »

2007-01-20

〔イラクから〕 手足などを失った「切断米兵」 500人に

 米誌「タイム」(電子版、1月18日付け)が報じたところによると、イラク戦争で手足などを失った「切断(Amputee)」米兵が、500人に達したそうだ。

 こうした負傷兵は毎週火・金・日の夜、米ワシントン近郊のアンドリュース空軍基地に到着し、「ウォルター・リード陸軍医療センター」に入院する。

 1月16日、500人目の「切断米兵」として、同センターの「切断病棟」、第57病棟に入ったのは、24歳になる伍長。

 1月12日、IEDに殺られ、両足を失った。

 こうした「切断」に至る負傷者は、22700人の全負傷者の2.2%を占めるという。
 

http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,1580531,00.html?cnn=yes

Posted by 大沼安史 at 07:07 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 手足などを失った「切断米兵」 500人に: