« 〔NEWS〕 相次ぎ、ラムズフェルド国防長官の辞任を要求 米軍トップ | トップページ | 〔NEWS〕 イラン、核兵器開発で技術突破 大統領「偉業達成」とテレビ演説 »

2006-04-11

〔NEWS〕 ニューハンプシャー民主党事務所を通話妨害 主犯らホワイトハウスと頻繁に連絡

 2002年11月の選挙で、ニューハンプシャー州の民主党選挙事務所の通話を妨害していた、ブッシュ陣営の人物が、当時、頻繁にホワイトハウスに電話をかけていたことが、裁判所に提出された通話記録で明らかになった。
 AP通信が4月10日に報じた。
 民主党事務所に電話を集中的にかけ、コミュニケーションを麻痺させた事件は、同州の連邦議会上院議員選挙で実行された。
 投票する民主党支持者を投票所まで車で運ぶ事務所をターゲットに、アイダホ州の会社と契約して「電話攻勢」をかけ、一般の通話を妨害した。
 ホワイトハウスの同じ電話番号に電話をかけていたのが、その事件の主犯として裁判にかけられている、ブッシュ選対のニューイングランド統括責任者のジェームス・トービン被告。
 20回以上に及ぶ通話記録は、その裁判に提出された。

(大沼・注)
 ブッシュ陣営の「選挙ハイジャック」は、フロリダやオハイオ州などを舞台に、さまざまな手段を駆使して行われた、といわれる。
 今回、ニューヨーク・タイムズ紙などが報じたAP電は、そうした組織的な「選挙妨害」の一端を明るみに出したものだ。
 
 イラク・中東に「民主主義」を「輸出」すると見栄をきったブッシュ政権。
 国内で窃取した「デモクラシー」を、メソポタミアに「貼り付け」ようとしたのだろうか?
  
 「戦争陰謀団」、ブッシュ=チェイニーらの面目、躍如!?

☆ 大沼訳・新刊案内: 『世界一 素敵な学校 ~ サドベリー・バレー物語』(ダニエル・グリーンバーグ著、緑風出版)

http://www.nytimes.com/aponline/us/AP-Election-Phone-Jamming.html

http://news.yahoo.com/s/ap/20060410/ap_on_go_pr_wh/election_phone_jamming;_ylt=Am0iQLcAQdx5zRVIhtaE0UutOrgF;_ylu=X3oDMTA4NGRzMjRtBHNlYwMxNjk5

Posted by 大沼安史 at 04:59 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 ニューハンプシャー民主党事務所を通話妨害 主犯らホワイトハウスと頻繁に連絡: