« 〔イラクから〕 最悪の木曜日 米兵も11人死亡 新型の道路脇爆弾が出現 シーア派、米軍・スンニ派を非難 | トップページ | 〔教育改革情報 特報〕 米フロリダ州最高裁 バウチャーに違憲判決 »

2006-01-07

〔NEWS〕マイクロソフト 中国人ジャーナリストのブログを閉鎖 言論の自由の圧殺

 米紙サンフランシスコ・クロニクル紙(電子版、1月6日付け)は、マイクロソフト社が中国政府当局の要請に応じ、中国人ジャーナリトのブログ・サイトを閉鎖した、と報じる北京発のAP電を掲載した。

 そのAP電と、Yahoo!NEWSが同日、報じた北京発のAFP電を総合すると、ブログを閉鎖されたのは、ニューヨーク・タイムズ紙北京支局で助手をしているZhao Jing氏。

 同氏は、マイケル・アンティ(An Ti)のペンネームで、マイクロソフト社と上海の中国国営企業が合弁で運営する「MNSスペーシズ」のブログサービスで、台湾問題など中国当局の神経を逆撫でする問題を書き続けて来た。

 最近は昨年暮れ、北京に新聞、「新京報」の編集責任者が当局の圧力で罷免されたのに抗議し、同紙の記者らが24時間ストを行ったことなどを、ブログで報じていた。

 マイクロソフト社のMSNオンラインの責任者は、AP通信の取材に対し、ブログ・ユーザーは当地の国内法を遵守しなけれならないという規定に基づき、Jing氏のブログサイトを、昨年12月30日か31日に閉鎖したことを認めた。

 中国でのマイクロソフト社のブログ・サービスでは、これまでも当局の求めで「民主主義」、あるいは「人権」といった言葉を使用できなくしている。

 中国ではインターネットを教育などの分野で活用する一方、政治的なメッセージの伝達としては徹底的に弾圧する姿勢を見せており、検索エンジンの「グーグル」では、「ダライ・ラマ」などの検索ができなくされている。

 オンライン・ジャーナリストに対する取り締まりも強化しており、昨年9月には中国で発禁となっている記事を掲載したジャーナリストが7年の刑を食らっている。

 〔大沼 注〕

 今回、ブログを閉鎖されたJing氏のペンネーム、An Tiはもちろん、あのAnti、つまり「反」のアンチをもじったものだろう。
 当局の公式発表に「反」する主張のできない国は、言論の自由を封殺した、全体主義の国である。
 遺憾なことである。
 

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/news/archive/2006/01/06/financial/f100443S61.DTL

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/news/archive/2006/01/06/financial/f100443S61.DTL

Posted by 大沼安史 at 06:57 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕マイクロソフト 中国人ジャーナリストのブログを閉鎖 言論の自由の圧殺: