« 〔NEWS〕 ペンタゴンが国内スパイ組織 Newsweek誌がCIFAの実態を暴露 | トップページ | 〔NEWS〕 アルンダティ・ロイさん、インド文学賞を拒否 »

2006-01-24

〔NEWS〕 ジル・キャロル記者を救え! 誘拐された米紙女性記者にイスラム指導者からも救援のアピール 

 年明け早々の1月7日、バグダッドで誘拐され、消息を絶った米紙クリスチャン・サイエンス・モニターのフリーランス女性記者、ジル・キャロルさん(28歳)に対し、イスラム指導者からも救援のアピールが出ている。
 ジルさんがイラクの民衆の苦悩にも目配りを欠かさず、悲惨の実態をレポートして来たジャーナリストだからだ。
 そういう良心的なジャーナリストを、誰が何の目的で誘拐したのか?
 
 ジルさんの出身地、ミシガン州アナーバーの地元紙、アナーバー・ニューズ紙(電子版)は1月22日、「誘拐された記者な戦争の犠牲を書いた」との見出しで、ジルさんのイラク現地から報道ぶりを報じた。

 昨年4月に彼女が書いた記事は、道路わき爆弾の巻き添えで負傷した3歳の少女、ザイナブちゃんの物語だった。両足が動かない少女の姿にイラクの悲惨の実相を見た記事だった。

 同紙によると、ジルさんはアナーバーのヒューロン高校の出身。
 (大沼 注:ヒューロンは川の名前。その昔、われらが南方熊楠がそのほとりに滞在したこともある)

 ジルさんの誘拐犯は1月20日の期限を切って、刑務所に囚われている全イラク女性の解放がなければ、ジル記者を処刑すると脅迫していた。
 期限が過ぎたいまも、ジルさんの安否は不明だ。

 こうしたなかでクリスチャン・サイエンス・モニター紙は23日、「アメリカ・イスラム関係評議会」の使節がバグダッド入りしたと報じた。
 ジルさんの解放の目指し、現地で働きかけを強めるためだ。
 同紙によれば、イスラム指導者による救援活動は世界的な広がりを見せており、ロンドンのイスラム指導者らがジル記者の釈放を求め、アピールをしている。

 
⇒ 

http://www.csmonitor.com/

http://fairuse.100webcustomers.com/fairenough/annarbor00.html

Posted by 大沼安史 at 12:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔NEWS〕 ジル・キャロル記者を救え! 誘拐された米紙女性記者にイスラム指導者からも救援のアピール :