« 〔NEWS〕 人類最初の「世界地図」、中国で発見! 1418年の制作 コロンブスの新大陸発見の74年前 鄭和の世界周航の産物? | トップページ | 〔イラクから〕 ロシア製ミサイルで米軍ヘリ撃墜 手製「空の仕掛け爆弾」説も »

2006-01-18

〔いんさいど世界〕 「愛する人と渚を歩きたい」 チリの女性新大統領 ミチェル・バチェレさんの素顔

 地球の反対側、南米のチリに、ラテンアメリカ初の女性大統領が生まれた。
 ミチェル・バチェレさん(54歳)。
 1月15日の大統領選決選投票で、保守系の対立候補を破って当選を果たした。

 社会党の候補。
 バチェレさんの当選で、1998年、ベネズエラにチェベズ新大統領が出現して始まった、南米の左傾化の流れがさらに強まった。ブラジルをはじめ、南米大陸の4分の3の地域が、リベラルな政権の手で運営されるまでになった。

 バチェレさんは1951年9月29日の生まれ。チリの「60年世代」に属する。ビートルズやジョン・バエズ、ボブ・ディランらを聴き、歌いながら、パリの「5月革命」(1968年)に共鳴し、青春時代を過ごした世代の一人だ。

 1962年、11歳のとき、軍アタッシェの父親に従い、米国のワシントンに行き、帰国するまで2年近くを過ごした。
 アメリカの人種差別、ケネディー暗殺のショックを受ける、ワシントンでの生活だった。
 チリに戻ったバチェレさんは、親類の同世代の子と、フォークソングのデュオを結成、バエズやディランを歌っていたそうだ。
 大学では医学を学んだ。

 チリ国軍・空軍の幹部だった父親が、チリに誕生した、アジェンデ大統領による左翼政権入りしたのもそのころ。南米、チリにも、花咲く革命の春が訪れていた。

 それを、米国のCIAが陰で糸を引いたとされる、ピノチェット将軍による軍の「9・11」クーデター(1973年)が封殺した。
 翌74年3月、父親は囚われ、数カ月にわたって拷問を受けたあげく、心臓麻痺で刑務所で死んだ。

 バチェレさんが母親と一緒に逮捕されたのは、翌年、1975年1月。 
 当時、23歳、医学生だった彼女を、兵士はテープで目隠しし、連行した。

 
 「拷問」を受けた。殴られた。しかし、「パリラーダ」という、電流を流した、拷問用の金属製のテーブルの上には乗せられなかった。(英紙ガーディアン)
 
 彼女がどんな拷問を受けたか、詳しくはわからない。
 しかし、相当、ひどいことをされたようである。

 昨年秋にまとまった、バレク司教らによる真相調査委員会の報告では、レイプは頻繁に行われ、家族の見ている前でのソドミーや、犬を使った性的虐待さえあったという。

 そんな拷問にバチェレさんは耐え切り、口を割らずに、母親とともに刑務所から生還することができたが、彼女のボーイフレンドは拷問の末、同志の名前を吐かされたあげく、殺害されたという。

 バチェレさんは母親とその後、オーストラリアに脱出し、次いで東ドイツに行って、フンボルト大学で医学の勉強を継続。
 1979年にチリに戻って、子どもたちの診療活動に従事しながら、ピノチェット体制の終わりを待った。

 1990年に中道・左派による新政権が誕生すると、活動を本格的に再開し、保健大臣のアドバイザーを務めるまでになった。父親が軍人だったことから、国立の軍カレッジの戦略プログラムで学んでもいる。
 2000年に成立したラゴス大統領の政権では、保健大臣として入閣、その後、女性として初めて国防大臣に任命された。

 そんな彼女は、3人の子を持つシングルマザー。最初の2人は建築家、3人目は医者との間にもうけた。最初の夫とは離婚、3人目の父親とは入籍さえしなかった。
 なかなか自立心のある女性政治家=活動家ではある。

 今回、行われた大統領選への出馬を打診されたとき、説得に訪れた社会党の上院議員に、「これからの人生で、一番したいことは何?」と聞かれて、こう答えたそうだ。

 「わたしの夢を、あなたたち、本当に聞きたいの? それはね、とてもシンプルなことよ。渚を歩くことなの。愛する人と手をつないで」

 辛い過去を克服した、強くてチャーミングで女らしい、チリの新大統領。
 そんなバチェレさんのことを、チリの人は大好きで、スペイン語でこんなふうに言っているという。

 メ・エンカーンタ(Me encanta.)。
 わたしは彼女を慕っている。

 愛するチリとともに歩み出した新大統領の前途に光あれ! 
 
 

「朝日」の記事は ⇒

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060116/K2006011600540.html

Posted by 大沼安史 at 03:59 午後 1.いんさいど世界 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いんさいど世界〕 「愛する人と渚を歩きたい」 チリの女性新大統領 ミチェル・バチェレさんの素顔:

» つないだ手の感触 トラックバック たぼ吉の挑戦 ~魂のブログ~
「手をつなぐ」つながりです^^ 続きを読む

受信: 2006/01/18 19:47:20

» 女性大統領 トラックバック 「働く女性」を応援するバンド
先日チリで女性初の大統領が誕生したそうですね。 ドイツも女性首相だったりしているそうです。 先進国と言われる日本ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?経済的には先進国だったかもしれませんが、不況もあり潤ってるとは言いずらいような気がします。 ...... 続きを読む

受信: 2006/01/19 21:29:58