« 〔いんさいど世界〕 「愛する人と渚を歩きたい」 チリの女性新大統領 ミチェル・バチェレさんの素顔 | トップページ | 〔NEWS〕 タミフルは「効かない」 医学誌「ランセット」に論文 »

2006-01-18

〔イラクから〕 ロシア製ミサイルで米軍ヘリ撃墜 手製「空の仕掛け爆弾」説も

 YaHoo!NEWSが1月17日に報じたAFP電によると、1月16日、バグダッド郊外を飛行中の米軍ヘリ「アパッチ」に向かって、ロシア製地対空ミサイル、SA-7が発射された。
 ミサイルはヘリに命中、ヘリは墜落し、乗員2人が死亡した。
 米ABC放送が、ペンタゴン筋の話として報じた。
 SA-7ミサイルはイラク国内に旧イラク軍が保有していた数百、数千発、まだ残っている可能性があるという。
 米軍ヘリ「アパッチ」は、この種のミサイル攻撃に耐えうるとされているが、実際には撃墜されてしまった。
 米軍ヘリの撃墜は、この10日間にこれで3機目。

 このABCの報道に対して、英紙デイリー・テレグラフは1月18日、「空の爆弾」と呼ばれる手製の仕掛け爆弾との見方を示した。

 道路わき爆弾の対空版だ。

(大沼 注)
 「空からの制圧」は、米軍にとって最後の戦術だった。
 それが地対空ミサイルでもって脅かされている……。
 

http://news.yahoo.com/s/afp/20060118/pl_afp/usiraqmilitary_060118004346

Posted by 大沼安史 at 04:56 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イラクから〕 ロシア製ミサイルで米軍ヘリ撃墜 手製「空の仕掛け爆弾」説も: